文庫 人間の性はなぜ奇妙に進化したのか (草思社文庫)

制作 : Jared Diamond  長谷川 寿一 
  • 草思社
3.55
  • (28)
  • (64)
  • (75)
  • (15)
  • (2)
本棚登録 : 723
レビュー : 66
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794219787

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読。
    特にヒトの性別に着目して、生物進化をわかりやすく説明してくれている。タイトルに対しての明確な答えが出るわけではないが、個人がヒトの性を考える上でヒント・きっかけになる。

    私なりの答えとしては「ヒトは科学技術と知識により、分子進化を超越しているから」。

  • いろんな動物の行動が出てきておもしろい!

  • 図書館で借りたのですが、気に入ったので自分で買いたいと思います。
    いろんな動物と人間を比べています。
    自然淘汰。
    男と女の利害対立。雄、雌どちらが育てるかは、1 胚や受精卵にすでにどれほど投資したか。2 この先、胚や受精卵を育てることでどんなチャンスを逃すことになるか。3 自分が本当に胚や受精卵の親であることを確信できるか? これら3つの要因で決まる。
    男性が授乳をしない理由、女性の排卵の隠蔽や閉経がなぜ生じたか、男性の養育参加やセックスアピールの謎

  • 面白くてためにもなった

  • 本書によると、人類の進化は、その経済的合理性によってほぼ説明できるのだという。人間の性(単にセックスという狭い意味を表すものではない)が他の動物に比べてひどく奇妙である点について驚きを禁じ得ないが、更にその理由が、生存し、種を保存していくうえでの経済合理性に関係しているという説明は、とても新鮮で興味深いものに感じた。

  • 以前から読みたかった本。空港で文庫を見つけたので購入。確かに人間と他の動物を比べると特異さが際立つ。よいし視点。

  • [購入]

  • フーコーの「性の歴史」の世界にやや凝り固まってきた頭をほぐすために、進化生物学や人類学の知見を参照してみる。ひとつの問題を違った角度から眺めてみるよい勉強だが、とりわけ多様なアプローチを取り得るセクシャリティに関しては興味のもっていきかたに際限がなく、それぞれの説得力を整理するのがたいへんである。医学、心理学が基本概念とする生物=心理=社会モデルを振り返ってみると、もうセックスとジェンダーを区別した思考はナンセンスなのかなと思えてきた。

  • 期待しすぎたためか、つまらない内容に辟易しながら読み進めた。
    まわりくどく、他の事例の引用が長々しい。
    演繹法的な説明ではなく、陳腐な帰納法での説明なので、まどろっこしくてたまらない。
    結局何が言いたいのか?とそれでも我慢して読み進めていくが、結局陳腐な誰でも知っているような事柄の紹介に終わる。
    あまり薦められない本である。

  • 仮説でしかないものも多いが、なるほどと思わせる本。
    他の動物との比較が面白い。

全66件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

ジャレド・ダイアモンド
1937年生まれ。カリフォルニア大学ロサンゼルス校。専門は進化生物学、生理学、生物地理学。1961年にケンブリッジ大学でPh.D.取得。著書に『銃・病原菌・鉄:一万三〇〇〇年にわたる人類史の謎』でピュリッツァー賞。『文明崩壊:滅亡と存続の命運をわけるもの』(以上、草思社)など著書多数。

「2018年 『歴史は実験できるのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

文庫 人間の性はなぜ奇妙に進化したのか (草思社文庫)のその他の作品

人間の性はなぜ奇妙に進化したのか Kindle版 人間の性はなぜ奇妙に進化したのか ジャレド・ダイアモンド

ジャレド・ダイアモンドの作品

ツイートする