文庫 人間の性はなぜ奇妙に進化したのか (草思社文庫)

制作 : Jared Diamond  長谷川 寿一 
  • 草思社
3.55
  • (28)
  • (64)
  • (75)
  • (15)
  • (2)
本棚登録 : 730
レビュー : 66
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794219787

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • "雄と雌、男と女、生物は自らの遺伝子を後世に残すために交尾をして、子孫を残す。この交尾について学術的に語られているのが本書。最高に面白い。
    遺伝子を残すために一番効率的なものはどんなものかは、それぞれの生き物の種類によってことなる。
    子育ては雄・雌どちらが主体的に取り組んだ方が、子は育つ?男の役割、女の役割とは?

    興味深いテーマを楽しく読ませてくれる。"

  • 人間の性的特徴が生物全体で見た時にいかに異常であるかを述べ、それが自然淘汰により最適化されたものであることを説明している。特に女性の排卵が男性に隠蔽され、自身にも把握出来無いのが、配偶システムの中で生じる駆け引きによるとするのが興味深かった。また両性間に於ける遺伝的利益にとって最善な行動が一致しないのを明確に認識させられたのも面白かった。

  • 表紙とタイトルに興味を持って手に取った。
    思っていたよりも内容が、研究を基にした論理的科学的な物で最初は驚いた。
    普段あまり読む類の本ではなかったけど、筆者の論の進め方や面白い例えなどに惹かれて読み進める事ができた。
    私たちの性についての「当たり前」が全く当たり前でないことがよく分かったと同時に、動物や人間の進化や生のあり方に単純に衝撃を受けた。
    普段身の回りにはこんなに興味深いものがいたんだと気付かされた。

  • 人間の父親と母親を動物のオスとメスとして捉え直した本。この一冊で雑学王。

  • あまりにも身近過ぎて気付かなかったが人間の性の仕組みにはいろんな不思議があるんだなぁと思った。閉経は自然界では例外的だとかなぜ雄は乳汁を出さないのかとか興味を惹かれる内容ばかりだった

  • これは、本当に面白かった。知的刺激に満ちた本だった!

  • 面白くてためにもなった

  • 本書によると、人類の進化は、その経済的合理性によってほぼ説明できるのだという。人間の性(単にセックスという狭い意味を表すものではない)が他の動物に比べてひどく奇妙である点について驚きを禁じ得ないが、更にその理由が、生存し、種を保存していくうえでの経済合理性に関係しているという説明は、とても新鮮で興味深いものに感じた。

著者プロフィール

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)地理学教授
1937年ボストン生まれ。ハーバード大学で生物学、ケンブリッジ大学で生理学を修めるが、やがてその研究領域は進化生物学、鳥類学、人類生態学へと発展していく。カリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部生理学教授を経て、同校地理学教授。アメリカ科学アカデミー、アメリカ芸術科学アカデミー、アメリカ哲学協会会員。アメリカ国家科学賞、タイラー賞、コスモス賞、ピュリツァー賞、マッカーサー・フェロー、ブループラネット賞など受賞多数。

「2019年 『危機と人類(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

文庫 人間の性はなぜ奇妙に進化したのか (草思社文庫)のその他の作品

人間の性はなぜ奇妙に進化したのか Kindle版 人間の性はなぜ奇妙に進化したのか ジャレド・ダイアモンド

ジャレド・ダイアモンドの作品

ツイートする