文庫 ファストフードが世界を食いつくす (草思社文庫)

制作 : Eric Schlosser  楡井 浩一 
  • 草思社
3.33
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (477ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794219800

作品紹介・あらすじ

マクドナルド方式が蔓延し、われわれが失ったものは何か?経済、社会、国家、文化、すべてを侵食し、拡大と成長をつづける巨大産業の戦略とその実像に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本書を読むきっかけとなったのは、何度目かに見たモーガン・スパーロック監督のドキュメンタリー映画「スーパーサイズ・ミー」の得点映像で筆者とスパーロック監督との対談映像を見直したことがきっかけでした。

    本書を読むきっかけとなったのは、モーガン・スパーロック監督のドキュメンタリー映画「スーパーサイズ・ミー」の得点映像で筆者とスパーロック監督との対談映像を見直したことがきっかけでした。映像で語られていることの詳細が本書に記録されており、読んだ後にはかなりショックを受けました。

    内容はというと、筆者がファストフードに関する調査報道をまとめた書籍。雑誌ローリング・ストーン」に 掲載された記事を発展させたものでございます。最初のほうではマクドナルド兄弟などの黎明期の人物を取り上げ、ドライブインなどの発明によって社会が変遷するのをきっかけとして、フランチャイズ形式の普及や子供を主なターゲットとしたマーケティング戦略を駆使する場面が描かれ、さらにはファストフードにおける低賃金などの労働問題、フランチャイズ展開による店舗間競争の激化と店舗主の破産などを取り上げたうえで、ファストフード業界によるロビイスト等の政治への働き影があるとしているという衝撃的な展開が続きます。

    そしてもっとも僕がショックを受けたのは第7~9章に関する箇所で、ここでは移民労働者や読み書きのできない人間が最低限の賃金で怪我や労働災害の多い危険な職場で働かなければならないという生肉・食肉業界の内幕が描かれ、さらにはO-157やBSEなどの危険な感染症がどのようにして爆発的に広がっていったのか?それに関してはあえて詳しく書きませんが、『そりゃ当然だよ』といいたくなる記述のオンパレードで読みながらかなり気分が悪くなるほどでございました。

    本書の最後で筆者はは私たち消費者の行動で企業は変わるとしてこの本を結んでおり、選ぶ権利はわれわれにある、しております。ただ本書が世に問われた10年後の2012年にいたっても、ここで提示された問題はほぼそのままになっていることが下記URLの記事でわかります。興味をもたれた方はぜひご参照ください。

    http://www.lifener.net/e3770264.html

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

アメリカのジャーナリスト。既刊にベストセラーとなった『ファストフードが世界を食いつくす』『ファストフードと狂牛病』『おいしいハンバーガーのこわい話』『巨大化するアメリカの地下経済』。

「2018年 『核は暴走する 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エリック・シュローサーの作品

文庫 ファストフードが世界を食いつくす (草思社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする