文庫 プロの残業術 (草思社文庫)

著者 :
  • 草思社
3.38
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794219817

作品紹介・あらすじ

仕事、お金、将来......あなたの人生の9割は、残業時間の使い方で決まる。3000人以上の経営者に面接してきたコンサルの超プロが明かす、画期的な残業ノウハウ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ■書名

    書名:プロの残業術
    著者:長野 慶太

    ■概要

    仕事、お金、将来......あなたの人生の9割は、残業時間の使い方で決まる。
    3000人以上の経営者に面接してきたコンサルの超プロが明かす、画期的な残業ノウハウ。
    (amazon.co.jpより引用)

    ■気になった点

    なし

  • 仕事、お金、将来等々、人生の9割は、残業時間の使い方で決まる! 3000人以上の経営者に面接してきたコンサルの超プロが、画期的な残業ノウハウ、「私的残業」の必要性を明かす。

    1 一流になるにはなぜ「プロの残業」が必要か?
    2 残業時間を「自分のための時間」に変える
    3 「一流の仕事」を生み出す時間外の行動力
    4 一段上の「イレギュラーワーク」で力をつける
    5 それでも残業がつらいというあなたへ

  • 「すごい残業をする人と、すごい職場酒をする人がいる。さらに世の中には両方する人がいる。両方やると死ぬ。」にクスッときた。

  • 他の本を探していたら目に止まったので思わず買ってしまった。
    エキセントリックな残業礼賛?を期待する向きもあったのだが、実際はそこまで極論ではなく、主張の幾つかはもっともだと思えるものもあった。

    ただ、この人が警鐘をガンガン鳴らすほど日本社会から残業が消えているかと言うとそうでもなく、また氏の残業感は、結局のところホワイトカラーエグゼンプションの域を出ていない感も。

  • 私的残業がキーワード

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1965年生まれ。慶應義塾大学経済学部、米国ウォーデン大学院修士(MBA)卒業。銀行勤務などを経てラスベガスで対米進出コンサルタント会社「ネバダ・ジャパン・コンファレンス」を起業。米国ネバダ州在住。著書は、『プロの残業術。』『TIME×YEN時間術』(いずれも草思社)、『部下は育てるな! 取り替えろ!!』(光文社)、『プロの交渉術。』『辞表を出して次へ行け!』(いずれも大和書房)など多数。

「2013年 『文庫 プロの残業術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長野慶太の作品

ツイートする