新・女性のための運転術

著者 :
制作 : 穂積 和夫 
  • 草思社
3.67
  • (0)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794220349

作品紹介・あらすじ

安全技術の進歩、自転車の増加など最新の事情に対応!
「女性は運転がヘタ」というのは大間違いです!運転は体力や反射神経でするものではなく、アタマでするものだからです。必要なのは、ちょっとしたコツ。それさえ掴めば、運転が驚くほどラクになり、楽しくなります。数多くの女性ドライバーを上達させてきた名著の新訂版!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なにか参考になる箇所でもあるかなと思って流し読み。「コツ」みたいなやつは無意識にやっていることばかりだった。バックは相変わらず苦手だけど、縦列駐車は図の解説を見てスルッとできるような気がした(あまり縦列終車をする場面がないけれど)。

  • 初心忘るべからず!

  • 20年振りに教習所のテキストを読んだ気持ち

  • ■「女性のための運転術」と銘打ってはいるが,
     男性が読んでも十分楽しめる。

  • 「自分の目で確認してから行動する」
    教習所でもそう教えられました。
    でもそうしている間も周りに急かされているような
    気がして焦る焦る・・・。

    私はオバサンなので、若い人のようにスイスイ
    動けません。目視には多少時間がかかります。
    数秒多めに待っていただけると助かります。

    車間をグイッと詰めてきて、オバサンに妙な
    プレッシャーをかけないで下さい。
    焦るとテンパってしまい、危険です。コワイです。

    この先、年を取ればもっとチンタラするかも
    しれないけれど、できるだけ周りの迷惑に
    ならないような運転をするよう心掛けます。
    運転歴が何年になろうとも自分の技術を過信せず、
    エレガントな運転を目指します!

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1939年、東京生まれ。2014年没。成城大学経済学部卒。レーシングドライバーを経て自動車評論家に。1976年刊行のベストセラー『間違いだらけのクルマ選び』(草思社)は日本のクルマ社会に一大衝撃を巻き起こした。以降、社会的、文明論的な側面からクルマをとらえたクルマ批評は、数多くの読者を獲得した。著書に『徳大寺有恒のクルマ運転術・アップデート版』『ぼくの日本自動車史』『ダンディー・トーク』(いずれも草思社)、『俺と疾れ‼』(激動の20世紀編/変革の21世紀編、いずれも講談社)、『自動車を変えた言葉』(河出書房新社)、『駆け抜けてきた』(東京書籍)など多数。

「2018年 『文庫 徳大寺有恒ベストエッセイ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

徳大寺有恒の作品

ツイートする