文庫 定年後7年目のリアル (草思社文庫)

著者 : 勢古浩爾
  • 草思社 (2014年8月2日発売)
3.25
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :51
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794220691

作品紹介・あらすじ

お金も仕事もない日々の不安をほっとやわらげると評判の名エッセイ「定年後のリアル」の勢古浩爾さんがその後の定年後七年目の現実を生々しく勢古流ユーモアを込めて綴ったエッセイ。文庫書き下ろし。

文庫 定年後7年目のリアル (草思社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まだまだ先のことだとは思うけれど、共感できる部分が多い一冊。

    趣味や生きがいはない、友達は少ない、お金もあまりない―そんな人はこれから長く続く定年生活をどう過ごせばいいのか?定年生活も早くも7年目に突入した著者は「なにもしない」静かな生活こそ“白いごはん”のように飽きが来ないと断言。「なんといおうと昔は懐かしい」「理想の老年モデルはいない」「定年後に『生きがい』はなくていい」「生きていることはじんわりと心地よし」など、世間の無責任な情報に煽られず、マイペースに、ほんわか、のんびり、愉しく日々を暮らす秘訣を綴る一冊。文庫書き下ろし。ロングセラー『定年後のリアル』待望の第2弾。

  • 前作「定年後のリアル」と変わらずにどうでもいい本。

    こんな生活したくない。

  • 何もしない老後も又人生

  • なにをしてもいいし、なにをしなくてもいい「なにもない」生活を相変わらず続けている、自分よりちょっと歳上のおじさんのエッセーみたいな本。

    独り身で本を書けるだけの才能があるからこその境遇は、半分羨ましい気もするが、自分とは世界が違うとも思う。自分の世界だけに没頭するのもよろしくはないと思うので、こういう本を読むのもたまには良い。

    「おじさん図鑑」という本の書評が面白かったので、1円中古本を購入することにした。

    次は「何年後のリアル」が出るんだろう?

    (2015/2/18)

  • 古川書店

  • 『定年後のリアル』を出したからこれも出したんやろうけど、これ、需要あるんだろうか。勢古さんのことが好きでないと、おもしろく読めないのでは、と思いながら、わたしは愉しく読ませていただきました。
    勢古さん、もう六七歳あたりということで、より達観したかんじがした。いつもそうやけど、なにもかも正直に書くことで、勢古さんの人柄はじゅうぶんに伝えられていると思った。まだまだ、勢古さん読みたいな。

全6件中 1 - 6件を表示

勢古浩爾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

文庫 定年後7年目のリアル (草思社文庫)はこんな本です

ツイートする