江戸前魚食大全: 日本人がとてつもなくうまい魚料理にたどりつくまで

著者 :
  • 草思社
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794222015

作品紹介・あらすじ

日本人は江戸時代になるまで思うように魚を食べられなかった。不安定な漁獲、保存と輸送の難しさから滅多に食べられなかった魚。食べられないからこそ何としてもうまく食べたい、その執念が知恵を絞り、工夫を重ねて、江戸前魚食文化に結実したのである。
本書は日本人なら知っておきたい江戸前魚食のルーツと完成にいたるまでの全歴史をあますところなく紹介する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新聞書評で取り上げられてたので読んだんだけど、それほどでもなかったかな…あれこれを沢山の資料をひいてまとめられてるんだけど、すべてコンパクトで、読み応えという点では「大全」と名乗るのは違うかなと思う。せっかくだから、個人は購入しないような本気の「大全」を作って全国の図書館に買ってもらったらいいと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1962年東京に生まれる。博物館の展示や企画の仕事を経て、1991年より15年間、築地市場に勤務。「河岸の気風」に惹かれ、聞き取り調査を始める。このときの人との出会いからフィールドワークの醍醐味を知る。仕事の傍ら魚食普及を目的にイベント企画や執筆などを積極的におこなう。実は子どもの頃から生魚が苦手なのに河岸に入ってしまい、少し後悔したが、その後魚好きになったときには辞めていたので、さらに後悔した。江戸の歴史や魚の文化史的な著述が多い。

江戸前魚食大全: 日本人がとてつもなくうまい魚料理にたどりつくまでのその他の作品

江戸前魚食大全 Kindle版 江戸前魚食大全 冨岡一成

冨岡一成の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルクス シドニ...
ジェイコブ ソー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする