2017年版間違いだらけのクルマ選び

著者 :
  • 草思社
2.80
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794222497

作品紹介・あらすじ

1976年に刊行された『間違いだらけのクルマ選び』は今年で40周年。
自動運転を売りにした新セレナ、大人気車種の2代目フリード、登場見込みのプリウスPHV、ノート・ハイブリッドなどの超低燃費車――。今期も話題の車が目白押し! 各車種の批評から最新の自動運転事情やクルマ業界動向まで網羅、これ一冊で今年のクルマが丸わかり。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新車購入のガイドとしてなら、☆2つ以下。
    並評価なのは、燃費不正に触れた勇気とクルマじゃなくて、日産を叩く気概についてでした。
    電気自動車の普及:燃料からの税金はどうするか、というか、税制にも語って欲しいと思うのは、徳大寺氏の後継を願っているからなのです。それに、自宅以外での充電待ち問題もそろそろ……。あと、エッセイは全部おもしろくないです。

  • 読了。

  • まずまず。
    自動運転の記事が多い。自動車も変わった。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1972 年神奈川県生まれ。立教大学法学部卒。走行性能だけに留まらない、クルマを取り巻くあらゆる事象を守備範囲に自動車専門誌、一般誌、ファッション誌、web など様々なメディアを舞台に活動。2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。一時休刊していた『間違いだらけのクルマ選び』を、2011 年の復活から2015 年版まで、徳大寺有恒氏とともに執筆、『2016 年版』からは単著となった。

2017年版間違いだらけのクルマ選びのその他の作品

島下泰久の作品

ツイートする