猫と生きる もう一つの旅

著者 :
  • 草思社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794222626

作品紹介・あらすじ

ともに暮らした猫たちの死。自らも老境にある身で、もう猫は飼わない……。そんな著者が出会った母猫と三匹のきょうだい猫。飼い猫ではない「街猫」。そんな彼らとのつかず離れずの日々。「猫」はみな旅人。ふらりと現れてふっと去っていく。自らの「人生という旅」と時に重なり時に離れる、そんな日々。児童文学作家ならではの、きめ細かく温かみのある観察眼で猫たちの姿が生き生きと描く。

プロフィール

児童文学作家。1929年東京生まれ。科学雑誌の編集、科学映画脚本家を経て作家に。『銀色ラッコのなみだ』でサンケイ児童出版文化賞・NHK児童文学奨励賞・動物愛護協会賞受賞。他に野間児童文芸推奨賞、講談社出版文化賞(絵本部門)等を受賞。本書は『猫には猫の生き方がある』『猫がドアをノックする』(草思社文庫)と書き継いできた三部作完結篇。

岡野薫子の作品

ツイートする