2017年版 プロ野球問題だらけの12球団

著者 :
  • 草思社
3.57
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794222633

作品紹介・あらすじ

大補強の巨人は機能するのか?広島のリーグ連覇は? 日ハム、ソフトB の来季は…!? 
ドラフト分析の第一人者が膨大な観戦データをもとに今シーズンを鋭く予見する、野球ファン必読の年度版バイブル!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドラフト戦力の考え方は、

    人事や服や家具を選ぶのにも応用できる。

    社会人、大学、高校生、バランスよくとること。

    これは結構いろんな考え方に通づるなとおもた

  • 毎年読んでいる小関先生の本。
    特にこの人のドラフトを見る目はピカイチ。
    (東都の不沈艦はあったけど)
    広島の評価が辛口に戻ってきたので、
    今年の連覇に不安しかない。
    野手の上位指名こそ常勝への道?

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

スポーツライター。1952年神奈川県生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒業。プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。2000年より年度版として刊行している『プロ野球 問題だらけの12球団』シリーズのほか、『甲子園怪物列伝』『野球を歩く日本野球の歴史探訪』(いずれも草思社)、『野球力 ストップウォッチで判る「伸びる人材」』(講談社+α新書)など著書多数。CSテレビ局スカイ・A sports+が中継するドラフト会議の解説を1999年以降、フレッシュオールスターゲームのゲスト解説を2010年以降務めている。

2017年版 プロ野球問題だらけの12球団のその他の作品

小関順二の作品

ツイートする