今日からヒラ社員のオレが会社を動かします。:伝説の中国古典「鬼谷子」に学ぶ最強の人心操縦術

著者 :
  • 草思社
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794222640

作品紹介・あらすじ

『孫子の兵法』をしのぐ最強古典『鬼谷子(きこくし)の人心操作術』をライトノベル形式で初めてわかりやすく解説!
入社5 年目の出版社の編集部員「チョウギ」が、偶然出会った謎の老人から、「言葉で人を動かす技」を学び、ダメ上司やパワハラ部長たちを動かしながら会社を立て直していく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 組織の中では人間関係の悩みを抱える人が多いです。
    思い通りに仕事が出来ない、上司の顔色を伺う、反対されることを恐れて行動できない、必要以上にぶつかってしまう。

    組織の人間関係をフォローしながらそれぞれの本心と才能を引き出し、パフォーマンスを上げていく方法を小説形式で紹介されています。

    ベースをなるのは陰陽。
    自分自身が正論をぶちまけながら矢面に立つのではなく、周りの事情をうまく引き出し、周りが納得する形で、物事を実現させる方法です。
    自分自身を目立たせずに、上手く根回ししながら進めていく方法はこれからの人間関係で求められるスキルだと感じます。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

高橋健太郎。著述家。上智大学大学院文学研究科博士前期課程修了。日本語の用法や古典作品を題材に独自の視点で執筆活動を続ける。主な著書に『アリストテレス 無敵の弁論術』(朝日新聞出版)、『鬼谷子』(草思社)、『スゴ訳 あたらしいカタカナ語辞典』(高橋書店)などがある。

「2017年 『言葉を「武器」にする技術 ローマの賢者キケロ―が教える説得術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今日からヒラ社員のオレが会社を動かします。:伝説の中国古典「鬼谷子」に学ぶ最強の人心操縦術のその他の作品

高橋健太郎の作品

ツイートする