誰が第二次世界大戦を起こしたのか: フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く

著者 :
  • 草思社
4.29
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794222770

作品紹介・あらすじ

本書は、アメリカ大統領ハーバート・フーバーの大著『裏切られた自由』を翻訳した歴史家・渡辺惣樹氏が、同書の読みどころ紹介しつつ、新解釈の「日米戦争史」を提示する一冊です。フーバーは自身の感情を抑え、可能なかぎり「資料に語らせる」ことを心掛けて『裏切られた自由』を書き上げました。世界各国の政治指導者、また米軍の最高幹部とも直接やりとりできる立場にいたフーバーの記録について、著者は「第二次世界大戦を、この『裏切られた自由』に触れずして語ることはもはやできない」と書いています。第二次世界大戦にいたった真の原因は、じつはルーズベルト外交にあったのだという『裏切られた自由』の主張をコンパクトに手際よく紹介しながら、本書はまったく新しい第二次世界大戦像を浮かび上がらせます。原爆投下についても、米軍幹部の言葉を引用することで批判的に記述するなど、アメリカの元国家元首としては異例の記述も満載です。現代史に関心のある読者なら、文句なしに関心をもつ一冊といえます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 結局あの大戦は共産主義化のためにしかなっていない。多くの死を取り繕うため、日本が悪者とされたのだ。
    もし、日本のインテリジェンスが優れ欧米の状況を把握していたら、ハルノートを無視して開戦を避ければ良かった。

  • 物事には3つの側面がある。あなたの面と、わたしと、そして真実と。

  • フーバーは大統領時代、給料をもらわなかった。
    ソビエトを国家承認したのはルーズベルト。それまではだれもしなかったし、国務省は警戒していたがルーズベルトは無視した。
    ヤルタ会談でルーズベルトのすぐ横で補佐役をつとめていたアルジャー・ヒスはソ連のスパイだった。
    当時の米国がソ連と国交を結びたかったのは、落ち目だった経済を復活させるためソ連と貿易したかったことが要因かも。
    ヒトラー時代のドイツ経済の再興の原資になったのはアメリカからの投資で、その投資をリードしたのが後の米国務長官ジョン・ダレス。
    チェンバレンがいきなりポーランド独立保証を宣言した背後には、ルーズベルト政権からの指示を受けた。
    大西洋憲章は内容からすべば明白な対独宣戦布告だが、まだ宣戦していないアメリカがこれを主導したのは変。だから協定内容には「望む」とか「希望する」といった表現がちりばめられている。
    大西洋憲章には、大英帝国にとって不利となりそうな第3項があったが、国際世論に訴えるには必要だったのでチャーチルは了承し、閣議においても「面倒なことは言わないでほしい」と警告し閣議決定した。
    ルーズベルト政権にあった、日本との暫定協定を結ぶ案をつぶしたのが、蒋介石政権の顧問として送り込まれていたオーウェン・ラティモア。
    ルーズベルトには5人の愛人がいた。
    カサブランカ会談の後の記者会見でいきなりルーズベルトが無条件降伏を求めることを宣言し、チャーチルも驚いたが追認した。
    ヤルタ会談によって、イギリスが開放したソ連の捕虜をソ連へ送還することになった。ただしソ連は捕虜をいたって反逆的とみなし、強制労働や処刑をたくさんした。この実態はニコライ・トルストイ(トルストイの末裔)によって暴かれた。

  • アメリカの大統領は国際政治に対しヴィジョンを持って関わっている。FDRと自らの大局観の違いをフーバーは明らかにし、第二次世界大戦の米国の関与は間違った大局観ではなかったかと指摘する。結果から見てフーバーが正しいのではないか。歴代大統領の中でも最も評価が高いとされるFDRの言い分が知りたい。

  • 加藤陽子著『戦争まで』では「アメリカは日本に第一打を撃たせた、真珠湾攻撃のことを、ローズヴェルト大統領やハル国務長官とか、何人かは知っていた。けれども、現地の人には言わず、日本に騙し討ちさせるようにした、という見方があります。でも、これが全く嘘であることは、アメリカの国防総省が研究し続けていることからわかる。」ときっぱりと言い切っています。渡辺氏が読み解く「米国陸軍戦略研究所」のレポートとどちらが正しいのか、ますます興味が湧いてきました。さらにフーバー元大統領著『裏切られた自由』には何が書かれているのか。

  • 東2法経図・開架 209.7A/W46d//K

全6件中 1 - 6件を表示

誰が第二次世界大戦を起こしたのか: フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解くのその他の作品

渡辺惣樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
百田尚樹
ピーター ナヴァ...
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする