文庫 カッコウはコンピュータに卵を産む 上 (草思社文庫)

制作 : Clifford Stoll  池 央耿 
  • 草思社
4.14
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794223098

作品紹介・あらすじ

1986年、まだネット黎明期のカリフォルニア・バークレー。事件の発端は75セントだった。ローレンス・バークレー研究所のコンピュータ・システムの使用料金が75セントだけ合致しない。天文学研究のかたわらシステム管理者をつとめる著者の初仕事はその原因の究明だった。調査を進めるうちに、正体不明のユーザが浮かび上がってきた。その人物は研究所のサーバを足場に、国防総省のネットワークをかいくぐり、米国各地の軍事施設や陸軍、はてはCIAにまで手を伸ばしていたのだ!――インターネットが世界を覆いはじめる前夜、「ハッカー」の存在を世に知らしめた国際ハッカー事件。その全容を当事者本人が小説のような筆致で描く。トム・クランシーも絶賛した世界的ベストセラー、待望の復刊!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私が読んだのは1991年刊の初版の方ですが、今の若い方にもお薦めしたいので再版された文庫版を登録しました。
    丁度コンピュータと出会ってその面白さにハマっていた頃でしたので、夢中になって読み耽った事を覚えています。

    当時、一般人はまだフロッピーディスクや光磁気ディスクでデータをやり取りしていた時代でしたので、ウイルスもフロッピー等のメディア媒体で感染するものしか目にしたことがありませんでした。それも、現代のそれとは違ってただ増殖するだけであったり、ちょっとしたイタズラを仕掛ける程度の愉快犯的なものばかりだったのです。
    自身の痕跡を消しながら回線上を移動するワームの存在は、話にこそ聞いていましたが、それが異国の研究所に入り込み、人知れずスパイ活動を行う様子にはただ目を見張るばかりでした。
    原文は読んでいないのですが、翻訳も良かったのではないかと想像します。「F的」「C的」等の訳にはさぞ苦労されたことでしょう。著者=主人公の「F的? 何それフーリエ変換?」といういかにも科学者らしい発想に笑いました。

  • 堂島のジュンク堂のコンピュータコーナーをふらふらしてたら発見。他の本で紹介されているのは見たことがあったが、復刻したとは知らなかった。しかも文庫で読みやすい。
    1986年、ネット黎明期に実際にあったハッキング事件を、当事者書き上げている。当時はデジタルとアナログの境界が曖昧だったり、逆に30年経っても変わっていないこともあったり、生々しくてすごく面白い。下巻も楽しみ。

  • もう古典と言っていいかもしれない、インターネットが普及するずっと以前の物語である。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

クリフォード・ストール(Clifford Stoll)
1950年、ニューヨーク州バッファロー生まれ。ニューヨーク州立大学を経てアリゾナ大学で博士号取得。天体物理学者。ローレンス・バークレー研究所のシステム管理者だった1986年、同研究所のシステムを経由して軍関係のサーバへの侵入を繰り返すハッカー発見、追跡。この事件は世界的に報道され、自身の体験をまとめた本書はベストセラーとなった。のちにハーバード・スミソニアン天体物理学研究所に勤務、現在はバークレーに戻って家族と三匹の猫とともに静かな暮らしを愉しんでいる。著書に『インターネットはからっぽの洞窟』『コンピュータが子供たちをダメにする』(ともに草思社)。

「2017年 『文庫 カッコウはコンピュータに卵を産む 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

文庫 カッコウはコンピュータに卵を産む 上 (草思社文庫)のその他の作品

カッコウはコンピュータに卵を産む 上 Kindle版 カッコウはコンピュータに卵を産む 上 クリフォード・ストール

クリフォード・ストールの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする