21世紀の啓蒙 上: 理性、科学、ヒューマニズム、進歩

  • 草思社
4.36
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 200
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794224217

作品紹介・あらすじ

世界は決して、暗黒に向かってなどいない。

食糧事情から平和、人々の知能まで、多くの領域が啓蒙の理念と実践により改善されてきたことをデータで提示。
ポピュリズムと二極化の時代の今こそ、この事実を評価すべきと説く。


“世界は良くなり続けている。たとえ、いつもはそんなふうに思えないとしても。
スティーブン・ピンカーのように、大局的な視点から世界の姿を我々に見せてくれる
聡明な思想家がいてくれることを、私は嬉しく思う。
『21世紀の啓蒙』は、ピンカーの最高傑作であるのはもちろんのこと、
私の生涯の愛読書となる、新しい一冊だ。“
――ビル・ゲイツ


啓蒙主義の理念――理性、科学、ヒューマニズム、進歩――は、
今、かつてない大きな成功を収め、人類に繁栄をもたらしている。
多くの人は認識していないが、世界中から貧困も、飢餓も、戦争も、暴力も減り、
人々は健康・長寿になり、知能さえも向上して、安全な社会に生きている。
どれも人類が啓蒙主義の理念を実践してきた成果だ。
にもかかわらず、啓蒙主義の理念は、今、かつてないほど援護を必要としている。
右派も左派も悲観主義に陥って進歩を否定、科学の軽視が横行し、
理性的な意見より党派性を帯びた主張が声高に叫ばれている。
ポピュリズムと二極化、反知性主義の時代の今こそ、啓蒙主義の理念は、
新しく、現代の言葉で語り直される必要がある。
つまり、現代ならではの説得力を持った新しい言葉、「データ」「エビデンス」によって――。

知の巨人ピンカーが驚くべき明晰さで綴る、希望の書。




 序文

第一部 啓蒙主義とは何か
 第一章 啓蒙のモットー「知る勇気をもて」
 第二章 人間を理解する鍵「エントロピー」「進化」「情報」
 第三章 西洋を二分する反啓蒙主義

第二部 進歩
 第四章 世にはびこる進歩恐怖症
 第五章 寿命は大きく延びている
 第六章 健康の改善と医学の進歩
 第七章 人口が増えても食糧事情は改善
 第八章 富が増大し貧困は減少した
 第九章 不平等は本当の問題ではない
 第一〇章 環境問題は解決できる問題だ
 第一一章 世界はさらに平和になった
 第一二章 世界はいかにして安全になったか
 第一三章 テロリズムへの過剰反応
 第一四章 民主化を進歩といえる理由
 第一五章 偏見・差別の減少と平等の権利

 原 注

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • VUCAの時代などと言われ、ポピュリズムの台頭や社会の二極化が進む中で、ともすれば不安を煽る悲観論が蔓延しがちな今日だからこそ、信仰よりも理性を、国家や民族よりも全人類のためのヒューマニズムを重視し、科学による進歩を肯定的に捉える「啓蒙主義の理念」の必要性が高まっており、これまでの人類の進歩を裏付ける実証データを併せて示すことで、悲観よりも希望を持つべきと訴える啓発書。

    人類は、何もしなければエントロピーの法則に従って無秩序へと向かう自然に抗い、エネルギーをより効率的・効果的に確保することに成功した生物であり、そのために脳の進化に伴う認知革命や農業革命、産業革命等によって各種の情報を活用してきた。その過程で人類は啓蒙主義の理念により、呪術的世界観を克服したにも関わらず、近年、反科学主義や衰退主義が台頭している風潮に対し、著者は世界の平均寿命や健康状態、さらには平和や安全にいたる多くの指標において、科学がいかに人類を繁栄に導いたのかを膨大なデータを用いて明らかにするとともに、今後も啓蒙主義の理念が、困難な課題も解決し未来の希望を引き寄せるための石杖になると主張する。

    人間が陥りがちな各種の認知バイアスに囚われず、ファクトに基づいて観察すれば世界は良くなっていることがわかるという観点では、ハンス・ロスリングの「ファクトフルネス」と同様の趣旨であり、また宗教や民族主義に陥ることなく、人類共通的な倫理観や合理的手法による真実の追求の必要性を説くユヴァル・ノア・ハラリの思想にも通底している部分がある。情報過多の時代に本当に重要なことは何かを見通すための一つの物差しとして、時間をかけてでも読む価値のある名著。

  • 前著「暴力の人類史」の続編ともいうべき本書は、啓蒙主義の理念(=理性、科学、ヒューマニズム、進歩)がいかに世界人類を幸福に導いてきたか?をデータを駆使して証明。ファクトフルネスに近い内容ですが、ピンカー氏の「暴力の人類史」の方が早くから科学的データ主義に基づいて現代のありようを証明していたのではないかと思います。幸福に向かう進歩に関しては多様な意見があると思いますが彼の場合は誰もがそうだと思わざるを得ない価値観なので非常に説得力があります。進歩とは「死より生」「病気より健康」「飢餓より満腹」「貧困より裕福」「戦争より平和」「危険より安全」「先制政治より自由」「偏見・差別より平等」「文字が読めないより読める方」「無知より知「愚鈍より明敏」「不幸より幸福」「単純重労働より豊かな余暇」。完全に同感です。

  • ・不公平と不公正を切り分けること
    ・格差そのものを解消しようとしても無意味
    ・条件付き楽観主義でいよう
    ・人々は若い頃の価値観を引きずるため、未来を見るなら今のミレニアル世代の価値観を観察する

  • ビルゲイツのオススメと聞いて。
    今このタイミングだとFactfulnessの二番煎じと揶揄されそうな感は否めないけど、それよりもエビデンスやデータが濃い印象。

    啓蒙主義に照らし合わせて考えているというコンセプトのようだが、かといって何かを強くプレゼンしてくることもなく事実を事実として教えてくれる感じで(訂正、トランプ批判だけは色濃い)、フムフムと雑学的に読む分には充分面白い。

  • トランプ批判が内容を矮小化してしまっている印象があるが、普遍的な、進歩・良識に対する強い応援の書。人類の未来に希望を感じさせてくれる。ノア・ハラリを引用している箇所もあり、思考過程は近いが、人類の将来に対する捉え方は違うのが印象的

  • 目次を読むのは全体を読むことに等しい。

  • 我々の未来は思っているよりも暗いものではなく、むしろ一歩ずつ着実に進歩しているー口にすれば極めて陳腐なフレーズではあるが、現代の我々はこのテーゼを最早信用しきれなくなっている。なぜならニュースを見れば、格差の問題、テロリズム、ドナルド・トラソプに代表されるポピュリズムなど、暗い話題が続く。

    本書は様々な種類の長期的な統計データに基づき、いかに人類が諸問題を克服して進歩してきたかを明らかにし、未来について悲観的になる必要などないということを看破する。サブタイトルにあるようにそのキーとなるのは、「理性・科学・ヒューマニズム」である。例えば科学でいえば、我々は新たなパラダイムを打ち立てた偉大な科学者たちについては、その固有名を認識している。一方、現代において最も多くの人々を救った水の浄化技術についてはどうだろうか?ペストをはじめとして多くの疾病が水質の悪さにあった、というのは自明であり、その水質を改善するために、様々な技術者が介在することで、人類は様々な疾病を克服することができた。我々が安全な生活ができているのは、こうした名もなき技術者たちのおかげであるが、我々はこうした科学技術への感謝を忘れている。

    安心・安全な生活、というのは先進国に暮らす人間にとっては当たり前すぎるが、それは100年前を振り返れば決して当たり前ではなかった。こうした人類の進歩を振り返れば、未来について決して悲観的になる必要などない。むしろ、ポピュリストたちの多くが我々を悲観視させ、我々の諦念に付け込もうとしている今、正しい時代認識を持つことの重要性は高まっている。

    ピンカーは『暴力の人類史』も大変素晴らしかったが、こちらはそれ以上の出来。現代最高の知識人を一人選べと言われれば、私は間違いなくピンカーを選ぶ。

  • 【メモ】
    著者のサイト〈https://stevenpinker.com/

    原題:Enlightenment Now: The Case for Reason, Science, Humanism, and Progress. (Viking 2018).

全8件中 1 - 8件を表示

スティーブンピンカーの作品

21世紀の啓蒙 上: 理性、科学、ヒューマニズム、進歩を本棚に登録しているひと

ツイートする