21世紀の啓蒙 下: 理性、科学、ヒューマニズム、進歩

  • 草思社
4.50
  • (5)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 114
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (509ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794224224

作品紹介・あらすじ

わたしたちは、今、史上最良の時代を生きている――。
過去を理想化して進歩を否定、未来は衰退に向かうと主張する反啓蒙主義の
嘘・誤りを、データにより明らかにする。

世界の状況を正しく評価するにはどうしたらいいのだろうか。
答えは「数えること」である。今生きている人が何人で、
そのなかの何人が暴力の犠牲になっているのか。
何人が病気にかかり、何人が飢えていて、何人が貧困にあえぎ、
何人が抑圧されていて、何人が読み書きができず、何人が不幸なのか。
……これは実は道義的にも賢明な方法だといえる。
なぜなら、身近な人を優先するわけでも、テレビ受けする人を
特別扱いするわけでもなく、一人ひとりの価値を平等に扱う取り組みだからだ。
――本書より

ポピュリズムの隆盛により、民主主義の死はもはや決定づけられた。
世界人口の増加により、今世紀中の食糧危機の到来は間違いない。
地球温暖化も核兵器拡散も、解決の糸口はまるでつかめていない。
……というのは本当だろうか。
若い人はポピュリズムを支持しておらず、世代交代とともに衰退する可能性が高い。
世界人口が増加しても、農業の進歩により飢餓に苦しむ人の数は大きく減少している。
温暖化も核兵器も現実の脅威だが、GDPあたりの二酸化炭素排出量は減少しており、
また世界の核兵器の数は近年減少し続けている。決して解決できない問題ではない。
データを用いて、無根拠な「衰退の予言」の欠陥を指摘し、
啓蒙の理念による進歩の重要さを説く。
世界をよりよいものにする意志に満ちた、世界的ベストセラー。


第一六章 知識を得て人間は賢くなっている
第一七章 生活の質と選択の自由
第一八章 幸福感が豊かさに比例しない理由
第一九章 存亡に関わる脅威を考える
第二〇章 進歩は続くと期待できる
第三部 理性、科学、ヒューマニズム
第二一章 理性を失わずに議論する方法
第二二章 科学軽視の横行
第二三章 ヒューマニズムを改めて擁護する

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 我々の未来は思っているよりも暗いものではなく、むしろ一歩ずつ着実に進歩しているー口にすれば極めて陳腐なフレーズではあるが、現代の我々はこのテーゼを最早信用しきれなくなっている。なぜならニュースを見れば、格差の問題、テロリズム、ドナルド・トラソプに代表されるポピュリズムなど、暗い話題が続く。

    本書は様々な種類の長期的な統計データに基づき、いかに人類が諸問題を克服して進歩してきたかを明らかにし、未来について悲観的になる必要などないということを看破する。サブタイトルにあるようにそのキーとなるのは、「理性・科学・ヒューマニズム」である。例えば科学でいえば、我々は新たなパラダイムを打ち立てた偉大な科学者たちについては、その固有名を認識している。一方、現代において最も多くの人々を救った水の浄化技術についてはどうだろうか?ペストをはじめとして多くの疾病が水質の悪さにあった、というのは自明であり、その水質を改善するために、様々な技術者が介在することで、人類は様々な疾病を克服することができた。我々が安全な生活ができているのは、こうした名もなき技術者たちのおかげであるが、我々はこうした科学技術への感謝を忘れている。

    安心・安全な生活、というのは先進国に暮らす人間にとっては当たり前すぎるが、それは100年前を振り返れば決して当たり前ではなかった。こうした人類の進歩を振り返れば、未来について決して悲観的になる必要などない。むしろ、ポピュリストたちの多くが我々を悲観視させ、我々の諦念に付け込もうとしている今、正しい時代認識を持つことの重要性は高まっている。

    ピンカーは『暴力の人類史』も大変素晴らしかったが、こちらはそれ以上の出来。現代最高の知識人を一人選べと言われれば、私は間違いなくピンカーを選ぶ。

  • 下巻に至って啓蒙主義の理念に基づき、世界中の我々自身が普遍的な共通理解として持つべきだなと確信させてくれる内容でした。「暴力の人類史」を20世紀の啓蒙とすれば、本書はまさに現代人と近未来人に向けた「21世紀の啓蒙」です。間違いなくお金を出して時間をかけて読むに値する名著だし、全ての人に読んでもらいたい。そんな感動的な読後感でした。

  • VUCAの時代などと言われ、ポピュリズムの台頭や社会の二極化が進む中で、ともすれば不安を煽る悲観論が蔓延しがちな今日だからこそ、信仰よりも理性を、国家や民族よりも全人類のためのヒューマニズムを重視し、科学による進歩を肯定的に捉える「啓蒙主義の理念」の必要性が高まっており、これまでの人類の進歩を裏付ける実証データを併せて示すことで、悲観よりも希望を持つべきと訴える啓発書。

    人類は、何もしなければエントロピーの法則に従って無秩序へと向かう自然に抗い、エネルギーをより効率的・効果的に確保することに成功した生物であり、そのために脳の進化に伴う認知革命や農業革命、産業革命等によって各種の情報を活用してきた。その過程で人類は啓蒙主義の理念により、呪術的世界観を克服したにも関わらず、近年、反科学主義や衰退主義が台頭している風潮に対し、著者は世界の平均寿命や健康状態、さらには平和や安全にいたる多くの指標において、科学がいかに人類を繁栄に導いたのかを膨大なデータを用いて明らかにするとともに、今後も啓蒙主義の理念が、困難な課題も解決し未来の希望を引き寄せるための石杖になると主張する。

    人間が陥りがちな各種の認知バイアスに囚われず、ファクトに基づいて観察すれば世界は良くなっていることがわかるという観点では、ハンス・ロスリングの「ファクトフルネス」と同様の趣旨であり、また宗教や民族主義に陥ることなく、人類共通的な倫理観や合理的手法による真実の追求の必要性を説くユヴァル・ノア・ハラリの思想にも通底している部分がある。情報過多の時代に本当に重要なことは何かを見通すための一つの物差しとして、時間をかけてでも読む価値のある名著。

  • 「理性的に本を読まない方法」もほしい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

スティーブン・ピンカー Steven Pinker
ハーバード大学心理学教授。認知科学者、実験心理学者として視覚認知、心理言語学、人間関係について研究している。進化心理学の第一人者。主著に『言語を生みだす本能』、『心の仕組み』、『人間の本性を考える』、『思考する言語』(以上NHKブックス)、『暴力の人類史』(青土社)、『良い文章とは(The Sense of Style)』(未邦訳)があり、最新の『21世紀の啓蒙』が10冊目になる。研究、教育ならびに著書で数々の受賞歴があり、2004年には米タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」に、2005年にはフォーリンポリシー誌の「知識人トップ100人」に選ばれた。米国科学アカデミー会員。『アメリカン・ヘリテージ英語辞典』の語法諮問委員会議長も務めている。

「2019年 『21世紀の啓蒙 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スティーブン・ピンカーの作品

21世紀の啓蒙 下: 理性、科学、ヒューマニズム、進歩を本棚に登録しているひと

ツイートする