高慢と偏見 Pride and Prejudice (ラダーシリーズ Level 4)

制作 : 寺沢美紀 
  • IBCパブリッシング
4.20
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794600127

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】837.7||Y
    【資料ID】91133237

  • 非常に英国らしいラブストーリーでした。
    これが日本人だったら絶対このエンドにはならないんだろうなぁ、と思います。
    ネタバレになるのでこれ以下は未読の方はご注意ください。

    英文学の、特にこの物語の良さは、細かいところまでエリザベスの感情が書かれているところではないでしょうか。エリザベスが怒ったangry、悲しんだsad、喜んだdelighted、困惑したembarrassーーそういった、日本語だったら「ここの情景から想像できるだろ!」と言われてしまうところまで丁寧に描かれている。それがこの物語のエリザベスに、私のような日本人でも感情移入できる要因でしょう。この高慢と偏見は私のようなちんちくりんな東の島国の大学生でも愛されている、その理由がここにある気がします。
    だからこそ私はこの本は是非とも英語で読んでいただきたい。英語だから、この本は映えるのではないでしょうか。
    また、最後のエンドがなんだかんだで英文学らしい。日本人が書いたら絶対こんな素晴らしいエンドにはならないでしょう。絶対リディアが見つからないとか、金の無心されるとか、少なくとも身分差のあるエリザベスとダーシーが高慢と偏見を超えて、結ばれることは決してないんではないのでしょう。エリザベスとダーシーは身分よりも自分たちの愛を貫きましたが、そもそも日本人だと愛と身分を天秤にかけること自体あまりしないだろうなぁ、と思います。身分に釣り合わない愛は、生まれること自体を防がれる、それが日本という気がします。
    私はこれ、日本版にするならエリザベスは一生ダーシーに片思いをして一人遠く離れて暮らすか、二人で心中かな。こんな最高なハッピーエンドは絶対ないな。夏目漱石の心ではないですが、そう思いますね。
    よかったね!英国で生まれて!

    最後に、素敵な話でした。是非読んでない方は英語で挑戦してみてください。そのほうが素敵です。

  • これは良かった!
    また読みたいな('ω'*)

  • もう大好き!!
    Mr Darcyラブ!!
    なかなか読みづらい古典文学というジャンルに分類されるならば、古典の中でも1番好きな作品の一つ!

  • ちくま文庫の訳書をよんでからハマって英書も。
    まだ英書は読みなれないから、やっぱり翻訳版の方がよかった。

    自分の英語力のなさ…;
    でももう一回、いや何回も読みなおしてみたい。

全5件中 1 - 5件を表示

高慢と偏見 Pride and Prejudice (ラダーシリーズ Level 4)のその他の作品

Pride and Prejudice 高慢と偏見 ラダーシリーズ Kindle版 Pride and Prejudice 高慢と偏見 ラダーシリーズ ジェイン・オースティン

ジェイン・オースティンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
夏川 草介
三島 由紀夫
湊 かなえ
三浦 しをん
有川 浩
冲方 丁
有川 浩
有川 浩
ジェイン オース...
有効な右矢印 無効な右矢印

高慢と偏見 Pride and Prejudice (ラダーシリーズ Level 4)を本棚に登録しているひと

ツイートする