Facebookを創った男: ザッカーバーグ・ストーリー The Mark Zuckerberg Story (ラダーシリーズ Level 5)

  • IBCパブリッシング
3.93
  • (2)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794601452

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • easy to read this book. anyway it reminded me of the movie " the social network" I wanna find something to put the power on as Zuckerberg concentrate on FB.

  • The Mark Zuckerberg Story読み終わった。ZuckerbergがプログラマからCEOになろうとして、なったからfacebookって成功したんちゃうかな。Social Networkですごいネガティブに描かれすぎてるけど、この本は結構中庸。

  • 読みやすい英文でした。
    よく調べられており伝記としても良書だと思います。
    職業柄、最後のハッカーウェイのレターにはグッときました。

  • 総語数:10630

    横浜国立大学附属図書館蔵書検索
    http://libopac.lib.ynu.ac.jp/webopac/BB00829987

  • easy to read.
    good for English learners.

  • 久々に夢中になって読めた本!ザッカーバーグは知恵のあるわっるーいヤツで、そこが面白い!Part1は早くから才覚を発揮した子供時代から若気の至りな学生時代の話。 Part2は紆余曲折あって始めたThefacebookを拡大していくにあたり出会った仲間との話。Part3は巨大化したFBが投資対象となっての、ビジネスの駆け引きや、サービスの試行錯誤を重ねた話。Part4は2012年までの最近の状況。新しく入った敏腕女史と初期メンバーの脱退。FBがきっかけとなった政治暴動。彼を批判的に描いた映画に対するコメント。最後にあるザッカーバーグの企業理念には学ぶところが多かった。10630wd

  • 読み易かった。

  • 弱冠28歳のザッカ―バーグがfacebookを創るまでのいきさつが書かれている。自分より年下の人が世界をつなぐ道具を開発するってすごいなあ。日本でも最近は増えてきたとはいえ、やっぱアメリカの起業家精神を育む土壌というのはすばらしいもんだね。最近結婚したとのことで、彼のますますの活躍を応援したい。10630語。

  • 英語多読のために購入。
    平易な英語で分かりやすくいっきに読めた。
    金儲けのためじゃなく世界を変えることにしか興味がない、歴史に名を残す本当の天才はいつの時代もそういう人なんだろうか。

全11件中 1 - 10件を表示

トム・クリスティアンの作品

ツイートする