フランス語で読む星の王子さま (IBC対訳ライブラリー)

  • IBCパブリッシング
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794601476

作品紹介・あらすじ

コンパクトにまとめた読みやすいフランス語とその日本語訳で展開。読み進めるうちに、世界の英知が身に付き、フランス語の読解力・リスニング力もアップする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 英語版の対訳ライブラリーは微妙だけれど、これはどうなんだろう。変にリトールドされてなくて、オリジナルの文章のままだと嬉しいんだけど。

  • 私自身の初めて読んだ洋書が「星の王子さま」の英語訳のペーパーバックでした。シンプルな言葉で綴られた童話で、英語でも読みやすいかなと思います。原語のフランス語の対訳本もありましたので一緒にご紹介しておきます。
    These books are bilingual versions of “The Little Prince”
    (Japanese/English/French). The story is a well-known fairy story and written with simple words, so it is good for learning Japanese.

  • 版権切れ後の新訳ラッシュも収まったようなので、そろそろ読んでみようかと目論んでいます。その時のお供になれば良いなぁ~

    IBCパブリッシングのPR
    「世界の名著や偉人伝を、コンパクトにまとめた読みやすいフランス語とその日本語訳で展開。読み進めるうちに、世界の英知が身に付き、フランス語の読解力・リスニング力もアップ
    パートごとの「役立つ表現」では、効率よく学習できるよう、類似表現や言い換え表現を、例文をつかって説明
    各ページの下欄に重要語句・表現のワードリスト付き
    ネイティブのフランス人ナレーターによる朗読音声 (MP3)付き」

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ。1900年6月29日、フランスのリヨン生まれ。
幼少の頃より飛行士に憧れてその職につく。飛行士と兼業して、飛行士の体験をもとに『南方郵便機』、『夜間飛行』などを発表。
第二次世界大戦中、亡命先のニューヨークにて『星の王子さま』を執筆し、1943年に出版。同年軍に復帰し、翌1944年7月31日地中海コルシカ島から偵察飛行に飛び立ったまま、消息を絶つ。
その行方は永らく不明とされていたが、1998年地中海のマルセイユ沖にあるリュウ島近くの海域でサン=テグジュペリのブレスレットが発見される。飛行機の残骸も確認されて2003年に引き上げられ、サン=テグジュペリの搭乗機であると最終確認された。

サン=テグジュペリの作品

ツイートする