グローバル エリート 世界で成功する英語力とビジネス力を身につける方法

  • IBCパブリッシング
2.50
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 37
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794602817

作品紹介・あらすじ

日本の大企業幹部のコーチングを務める外国人コンサルタントのコンビが日本人のために開発した「自分をグローバル化する」方法を伝授する!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 違いを書いてある。どこかで聞いたことがある話もそれなりに含まれているけれど、この本では断片的ではなく、なぜそうなるのか、どこに気をつけたらいいのか、できる限り全体をみるように書いてあると思った。
    いまの能力だとよく理解できないところや、気をつけるべきことが多く忘れてしまうと思うので、また読み直したい。

  • ありきたりのことしか書いてない

    well-rounded 多趣味
    linked in
    children's shows
    live mocha
    audio books
    lang-8
    free rice
    tokyo-international
    meetup.com

  • 内容は、日本人は日本が独特な文化を持つと思っている、且つその考え方を理由に日本人対外国人という考えが根付いているということ。
    確かに、日本対日本以外の国、という思考はあるかも。

    机上での勉強ではなく、immersion experienceが大切だと。
    私の夢である、旦那さんと海外生活をすることになったら、夫婦でいろんなコミュニティに加わって見たいな、と思った。
    あと、頼み事をするのには明確な理由が求められるということを知って、謎が解けた!
    なるほどねー、嫌味とかではなく、文化的思想からそーいう発言するのね、って。
    悪い意味では空気を読み取る力がないと捉えられるけど、言わなきゃ伝わらない、ってやつ。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティングの創立者兼社長。異文化コミュニケ−ションと人事管理を専門とする経営コンサルタントとして、日系と外資系企業のグローバル人材育成を支援している。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営学院卒業。日系大手金融機関の東京本社における職務経験を持つ。日本語が堪能で、朝日新聞globeを含めて日本の出版物に多数のコラムを連載している。『英語の品格』(集英社インターナショナル)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)、『外国人部下と仕事をするためのビジネス英語』(語研)、や『新ビジネスミーティングの英語表現』(ジャパンタイムズ)をはじめ、著書は多数。現在は、グローバル企業の組織開発、異文化トレーニングとチームビルディングを支援することに力を入れていると同時に、北九州市立大学でマネージメントと英語を教えている。

「2019年 『マンガでわかる外国人との働き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロッシェル・カップの作品

ツイートする
×