開発と教育―国際協力と子どもたちの未来

著者 :
  • 新評論
3.67
  • (5)
  • (2)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794805294

作品紹介・あらすじ

「教育開発」とは開発協力における教育分野を指し、さまざまな国際協力機関により発展途上国の教育の整備・発展を支援する諸活動をいう。既存の欧米開発モデルに従うだけの教育から、多様な国や地域、文化のコンテクストに基づき住民自身が主体となった教育環境の構築へ向け、いま、新たな「教育開発」が求められている。"開発と文化を問う"もう一つの視点。大手国際協力機関による「教育開発」プロジェクトの実際。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『内発的発展と教育:人厳守対の社会変革とNGOの地平』同様、ピヨピヨセレクション「結構お値段はるけれども買って損はない一冊」ベスト10に入る勢いの名著です。江原先生編、鬼の執筆陣による内容濃すぎの400ページです。教育開発の歴史から国際機関の動向、地域別(アジア、アフリカ、中南米)の現状とプロジェクトの実例、教育開発政策や戦略、世界的な潮流などなど、教育開発に関するあらゆる論点が網羅されています。必読すぎますね。

    帯では「教育開発の新たなビジョンを拓く思想・哲学的アプローチ」と何だか難しく紹介されていますが、思想・哲学的というよりも理論の総まとめです。

  • 教育って大切だね。ただただそう思います。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

帝京大学外国語学部教授。専門:地域研究(ラテンアメリカ)、比較国際教育学。主な著書:『国際移動と教育:東アジアと欧米諸国における国際移民をめぐる現状と課題』(編著、明石書店、2011年)、『内発的発展と教育:人間主体の社会変革とNGOの地平』(編著、新評論、2003年)、『開発と教育:国際協力と子どもたちの未来』(編著、新評論、2001年)。

「2017年 『移動する人々と国民国家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

江原裕美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
シーナ・アイエン...
ポール・コリアー
アマルティア セ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする