スウェーデンのスヌーズレン―世界で活用されている障害者や高齢者のための環境設定法

著者 :
  • 新評論
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794806000

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 言葉に限らず表現手段の少ない重度知的障害者などが
    心を静め・心を開き・環境になじみ安くする設備と空間のことを
    スヌーズレンと呼んでいる
    リハビリに限らずその環境で起こる反応をキャッチすることで
    障害者などとのコミュニケーションの手段を探し出せるメリットもある

    具体的には好ましくない物が近づかないことの保証と
    怪我などの危険をできる限り避ける場であることと
    すべての感覚を統合しやすいほどよい刺激をコントロールできることと
    丁度赤ん坊がオモチャに囲まれたサークルベットで自分の存在を理解していくように自分から参加し・選び・学べる場であること

    更に具体的に言えばカラフルなボールで満たされたプール
    ミラーボールによる光の流・ハンモック・ジャグジー湯船・ウオーターベット・
    プロジェクターによる異次元感覚・体の輪郭を感じられる無数のヒモ・
    子宮内空間を思わせる音・生活用品・彩度明度の際だった物・ブラックライト・
    気圧温度湿度のコントロール・蒸気・風・お湯・・・

    部屋の種類はくつろげる場とアクティブの場の間に色々な形が考えられる

    環境で傷付くことで閉ざしてきた心をゆるめる場として
    あるいは積極的に感覚を磨き総合的な自分を知ることで
    コミュニケーションの方法を自分で見付け出せるところにメリットがある

    施設の限らず個人の住宅や学校、子育てにも応用が可能だ

  • 分類=バリアフリー・スウェーデン。03年5月。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

ストックホルム教育大学卒業後、ルンド大学医学部脳神経科作業療法士学科を卒業。マルメ大学総合病院ハビリーテーリングセンターで作業療法士として勤務したのち、2012年より日本で医療福祉コンサルタントとして活動。

「2016年 『スヌーズレンを利用しよう!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

河本佳子の作品

スウェーデンのスヌーズレン―世界で活用されている障害者や高齢者のための環境設定法を本棚に登録しているひと

ツイートする