放射能汚染が未来世代に及ぼすもの: 「科学」を問い、脱原発の思想を紡ぐ

制作 : 綿貫 礼子  吉田由布子 二神淑子 リュドミラ・サァキャン  
  • 新評論
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794808943

作品紹介・あらすじ

本書はチェルノブイリの未来世代への放射線健康影響について、女性の視点で研究を重ね、フクシマ事故の起きたその年にたどり着いたひとつの「仮説」を紹介する。原発事故による子どもたちの健康影響はなぜ世界に正しく伝わらないのか。「国際原子力村」の科学者たちによる健康影響過小評価の歴史を検証し、今日の科学文明の意味を問う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 綿貫 礼子 (編集), 吉田由布子 二神淑子 リュドミラ・サァキャン (編集)
    2011年3月11日の東日本大震災と共に発生した福島第一原発の事故は、チェルノブイリ原発事故の影響調査にかかわってきた私たちにとって、衝撃以外の何ものでもなかった。しかも原子炉三基が事故を起こしているという現実は信じ難いものであった。事故の規模や放射能の広がりの不明さ、政府の対応、「専門家」という人々が語る「健康への影響は少ない」という言葉……。すべて25年前のチェルノブイリ原発事故後の状況が再現されているかのようであった。  私たちは、チェルノブイリ事故後に生を享けた子どもたち(ポスト・チェルノブイリ世代=未来世代)の健康状態について20年以上調査研究を重ねてきた。「チェルノブイリの放射線被害は小児甲状腺ガンだけ」という「専門家」の言葉とは裏腹に、さまざまな病気が汚染地域で広がり、「健康でない子どもたち」は増加の一途をたどっている。それはなぜか。原発事故で放出された放射能による生態系汚染は、その生態系の中にある人の身体を汚染し、身体の中にあって内なる生態系ともいえる子宮内をも汚染している。未来世代はその汚染の中から生まれてくるのである。本書ではチェルノブイリの未来世代への放射線の健康影響について、女性の視点で追及し研究を重ね、フクシマ事故の起きたその年にたどりついたひとつの「仮説」を紹介する。  同時に、チェルノブイリ事故による子どもたちの健康被害はなぜ世界に伝わらないのか、「国際原子力村」の科学者たちによる健康被害過小評価の歴史を検証し、「公式見解」=「科学」を問うている。  フクシマ事故は日本のみならず世界に対し、21世紀の「科学」を私たちがどのように選択するのか、意識の変革を迫っているのではないだろうか。本書が未来世代と「共生」できる社会を選びとるための、ひとつの“糧”になってほしいと願っている。(よしだ・ゆうこ)

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:493.195||H
    資料ID:95120565

  • チェルノブイリ原発事故の影響調査を続けてきた女性科学者の視点からの警告の書。
    25年前にチェルノブイリで起こったことは日本でもくり返されるのか?日本では、事故の実態と放射能拡散のデータは隠蔽され、被爆影響の過小評価が専門家の名によって行われた。
    放射能は、生態系の中にある人体と、その内なる生態系ともいえる子宮内を汚染する。そこから未来世代が生まれてくると考える、女性の視点での鋭い警告と提言の書。チェルノブイリ事故の健康被害は今もどのように出ていて、それがなぜ世界に伝わらないのか。

    放射能の健康被害が過小評価された歴史を検証し、そこに横たわる国際原子力村の「科学」を問う。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする