ポール・ニザン著作集〈1〉アデン アラビア

  • 晶文社
3.53
  • (8)
  • (6)
  • (12)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 115
感想 : 13
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794912350

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 朝日新聞の天声人語で、中島らもが成人むけに紹介するこの本の1節を紹介していた。「僕は20歳だった。それが人生でもっとも美しいときだなんて誰にも言わせない。」である。澤田直の解説では、冒頭の有名な1文だけが一人歩きしている観がないでもない。」と皮肉っている。
     中身は旅行記であり、解説によると風刺旅行記であるとしている。
     日本人にとっては、アデンは遠い知らない土地であるが、香港のようなものかもしれない。

  • 第8回アワヒニビブリオバトル「二十」で紹介された本です。
    2016.01.12

  • 昨今、自分の属する国が、一部の老人政治家達によって毒されていくさまを見ながら、今から89年も前に記されたこの書物にも同様の嗟嘆を見出すような気がした。
    何より比喩が秀逸で、最後の章はまるで『ツァラトゥストラ』を読んでいるようでもあった。そういう意味では、ポール・ニザンは詩人であった。
    だからというわけではないが、訳文がもう少しこなれていたらという恨みが残った。

  • アデンへの旅行記という印象だけど、あまり読み込めなかった・・・。それでもニザンの自国であるフランスへの強烈な批判の部分が印象的で、批判は触れていると疲れる時があるけど、ニザンのネガティブな言葉は刺激的に感じる。

  •  「ぼくは二十歳だった。それがひとの一生でいちばん美しい年齢だなどとだれにも言わせまい。」という書き出しだけで、この本を評価しているひとの気持ちがいまいち理解できない。
     少なくとも自分には、この作品の言わんとしていることは、断片的にしか理解できない。ただ、エマニュエル・トッドの著作へと受け継がれる彼の息遣いに感動するくらいのものだ。

  • 「ぼくは二十歳だった。それがひとの一生で一番美しい年齢だなどと誰にも言わせまい。」という出だし、すごすぎる。サルトルを読んでてよく名前が出たので読んでみて,この1文でノックアウトされた、若かりし日に。

    選挙が近づいて、気持ちが千々に乱れ、本が読めない。四年前の悪夢が再現されませんように! ということで、ニザン。ニザンハ怒っている。怒れ、怒れ。世の中、不条理なことばかり。

  • 「僕は二十歳だった。それが人生でもっとも美しいときだなんて誰にも言わせない。」
    ↑たぶん、” 書き出し大賞 ” ですね。オールタイム、オールジャンルの。

  • ・・・・・書きかけ・・・・・

    105年前の1905年2月7日に生まれたフランスの小説家。

  • 小説だと思って買ったけど、哲学書でした。
    とても難しくてほとんど内容は理解できませんでしたが、著者がパリに戻ってからの資本主義批判は痛快で、心に響くものがありました。

  • もともとは、若者時代に読んだラノベ調SFに書き出しが引かれていて、ずーっと気になっていた作品。

    このたび池澤夏樹氏の選による世界文学全集に新訳が入るというので、その前に急いで読みました(笑)。 イエメン付近のフランス語の地図を使った装丁もシックで素敵な一冊です(私の持っている1967年の第3版には紅色の帯がついていて、またこれがいい)。装丁はなんと平野甲賀さん。

    ほとんどの人間にとってはジャングルの奥地よりも謎めいたこの地名を引いた題名も魅力的ですが、この本にひきつけられる最大の点は書き出しの秀逸さでしょう。青少年、ノックアウトですよ(笑)。邦訳の見事さに負うところも大きいと思いますが、さまざまな形の文章に引用されていることからも明らかです。

    篠田訳はニザンの初邦訳とのことですので、他の訳者の手になる訳もみましたが、高級な語彙をうまくコントロールしきれていない、20歳の成長途上の若者の、明晰で雄弁ではあるがぎこちない口調の感じがよく出ているのはこの訳ではないかと思います。大ざっぱにいえば「バカロレア(フランスのセンター試験みたいな大学入学試験)最高得点で最高学府に進むも、2日で退学!」みたいな(笑)。

    自分をとりまく環境への焦燥と別天地への憧れからアデンを目指すのはゴーギャンのタヒチ行きを思わせる展開です。そこで出会ったものは彼にとってどうであったか…というのもちょっと似ているのかも、と思いました。 主人公の年齢を過ぎて読みましたので、もっと冷めた読み方をするかと思っていましたが、その熱い独白には意外なほどハマりました。辻邦生さんの「背教者ユリアヌス」で描写される、ユリアヌスの口調が熱を帯びるときってこんな感じかな…とも思います。でも、クールに考えて、いろいろ要検討でしょうね。ストーリーや状況説明がなってないし、前後の関係とか混乱してくるし(笑)。ということでこの☆の数に。

    (1. 2007/11/29にAmazonにアップしたレビューをこっちにお引越しさせ、一部書き直しました。2. 2008.4.20にアップした本レビューを並べ直しました。)

全13件中 1 - 10件を表示

ポール・ニザンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ヘミングウェイ
トルーマン カポ...
J.P.サルトル
三島由紀夫
アレン・ギンズバ...
サマセット・モー...
村上 春樹
ポール・オースタ...
サン=テグジュペ...
サン=テグジュペ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×