人間喜劇 (ベスト版 文学のおくりもの)

制作 : William Saroyan  小島 信夫 
  • 晶文社
3.88
  • (6)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794912442

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お義父さんが学生時代から好きだった1冊をお借りしました。

    古い時代のアメリカの小さな町が物語の舞台。
    とにかく主人公家族の考え方が素晴らしいのです。
    家族にたいして、友人にたいして、上司にたいして、恋人にたいして。
    世界中全てのひとが、ひとりひとり、
    必要とされて生かされているってことが、
    理解できる。

    お義父さんは、この本を手にするのは3度めらしいです。
    1冊目は古本屋に手放し、2冊目は友人に
    あげて、そして新しく手にした3冊目はわたしに。

    何度でも読み返したくなるお話でした。
    最後は涙なしでは読み切れない。
    出会えて良かったと思う、傑作。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「この本を手にするのは3度めらしいです」
      ご自身の気に入った本を、若い方に渡せるって素敵です!

      サロイヤン(サローヤン)と言うと、「パパ・...
      「この本を手にするのは3度めらしいです」
      ご自身の気に入った本を、若い方に渡せるって素敵です!

      サロイヤン(サローヤン)と言うと、「パパ・ユーアクレイジー」(訳・伊丹十三)、「ママ・アイラブユー」(訳・岸田今日子)を思い出しますが、残念なコトに今では絶版のようです、、、とっても素敵なので是非お読み頂ければ、と思います。
      2012/09/12
  • 14歳でーそんな郵便配達とは

  • アメリカのよいこちゃん小説。

    おかあさんとか、郵便局員のおじさんとか、めちゃくちゃいいこと言う。

  • 以前「文学のおくり物」シリーズで出ていたものが再刊されていたのですね。乱暴に言ってしまえば、主人公のホーマー少年が街のひとびととかかわるうちに世界の意味を発見していく物語。しかし、ひとつひとつのささやかなできごとはあまりにも切ない。見えている物やことどもは昨日と変わらないのに、もう同じように見ることはかなわない。そのなかで生きる喜びを見いだすにはやはり幻視のちからが必要なのでは。「人間の悲劇は生きる意味を持てないことにあるのではない。意味がなければ生きられないところにある」ということばが思い出されます。

全4件中 1 - 4件を表示

人間喜劇 (ベスト版 文学のおくりもの)のその他の作品

人間喜劇 (文学のおくりもの 16) 単行本 人間喜劇 (文学のおくりもの 16) ウィリアム・サロイヤン

ウィリアム・サロイヤンの作品

ツイートする