ジャズの本 (晶文社クラシックス)

  • 晶文社
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 38
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794912596

作品紹介・あらすじ

これこそJAZZだ!ジャズの誕生からブルース、ラグタイム、ブギ・ウギ、ビー・バップまで。思わず踊りだしたくなる楽しいジャズ入門。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ジャズのルーツをいろいろと学べる本。『アメリカ音楽の世界』で参考文献として紹介されていたので読んだ。

  • 黒人詩人が書いたジャズの本。ルイアームストロングからディークエリントンぐらいの年代。著者の、音楽、アメリカ、黒人への慈しみが伝わってくる。

  • ジャズのルーツを大変わかりやすく書いています。
    かなり古い本のため扱われるミュージシャンにはなじみのない人も多かったですが読物として面白かったですね。

  • [ 内容 ]
    これこそJAZZだ!
    ジャズの誕生からブルース、ラグタイム、ブギ・ウギ、ビー・バップまで。
    思わず踊りだしたくなる楽しいジャズ入門。

    [ 目次 ]
    ジャズ入門(楽しむため;アフリカの太鼓 ほか)
    黒人音楽家たち(W・C・ハンディ―ブルースの父;レッドベリ―民謡のエッセンス ほか)
    エッセイズ(霊歌について;コミュニケーションとしてのジャズ ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 柳原良平チックなアバンギャルドなイラストが楽しい。やさしげな語り口調な翻訳なのだがたまに怪文も。<BR>どこからでも話をはじめる事ができます―コミュニケーションとしてのジャズということでしたら―なぜかといいますと、それは円周のことですし、あなた自身がその真中の点だからです。あなた、わたし。たとえば、ブルースから話しはじめましょう<BR>わかりそうなのに解らない難文!あなた、わたしとは何か!?

全5件中 1 - 5件を表示

ラングストン・ヒューズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード ブロ...
安部公房
ヘミングウェイ
三島由紀夫
J.P.サルトル
フランツ・カフカ
三浦 しをん
J.L. ボルヘ...
テネシー ウィリ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×