ボルヘス怪奇譚集 (晶文社クラシックス)

  • 晶文社
3.67
  • (7)
  • (10)
  • (15)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 95
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794912619

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • さらっとしているがどろっとしており、
    色は玉虫色に変化し、
    層からなり、
    層を断ち切ると分離して混ざらなくなる水。  !

    たった1ページと少しという短い文章で、これだけ不思議さと魅力を記述することができるとは・・
    単行本は高いので持ってませんが、図書館で何度も借りてこのネタだけ読みたくなる。

    これ以外のネタも、なんとも言えず味わえるものばかりです。

  • ボルヘス&カサーレスが世界各地から集めた92篇の奇譚を収録したアンソロジー。大半が1ページにも満たない小品ながら
    、その奥行は膨大で「物語の真髄は本書の小品にある」という緒言の言葉になるほどと頷かされる。『幻獣辞典』なんかと被ってる話もチラホラと見られるところにボルヘスの好みが伺えて愉しい。
    お気に入りは「いかにしてわたしは超人を見つけたか」、「汽車」、「学問の厳密さ」辺りかな。

  • 眠れない夜に手に取る本です。何度読んでも飽きず、余計な考えを忘れて奇妙な世界を旅することができます。

  • “バベルの図書館”などの奇妙な物語で知られるボルヘスが、世界各地の奇怪な物語から抜粋して編んだ一冊。
    異常を通常のものとして文字で描き出すボルヘスが選ぶ「怪奇」には飽きが来ません。
    すんなり読めてしまう分、何度も読み直してしまいます。
    普段の生活で凝り固まった頭を解すこと請け合いです。

  • [ 内容 ]
    中国の妖怪物語。
    セイロンの人喰い鬼伝説。
    アラビアンナイト。
    そして、カフカやポーの掌篇…。
    20世紀文学に屹立する「迷宮の作家」ボルヘスが、東西古今の膨大な書物を渉猟、その博識博捜のかぎりをつくして選びぬいた、世にも不思議な怪奇譚のかずかず。
    「物語の精髄は本書の小品のなかにある」―92篇からなるユーモアと幻惑のアンソロジー。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 世界の怪奇譚を集めた本。超短編ばかりで読みやすい。内容もとびきりのものばかりです。

  • 不思議な感覚にひたれます。

  • タイトル通り。
    色んな怪奇譚が詰まってます。

全11件中 1 - 10件を表示

ボルヘス怪奇譚集 (晶文社クラシックス)のその他の作品

ボルヘス怪奇譚集の詳細を見る 単行本 ボルヘス怪奇譚集 ホルヘ・ルイスボルヘス

ホルヘ・ルイスボルヘスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アゴタ クリスト...
J.L. ボルヘ...
ガブリエル ガル...
J.L. ボルヘ...
G. ガルシア=...
伊藤 計劃
ウンベルト エー...
トルーマン カポ...
ウンベルト エー...
谷崎 潤一郎
ポール・オースタ...
J.L. ボルヘ...
ポール・オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ボルヘス怪奇譚集 (晶文社クラシックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする