輝く平原の物語 (ウィリアム・モリスコレクション)

  • 晶文社
3.63
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794916938

作品紹介・あらすじ

春まだ浅いある日、平和な日々をおくるクリーヴランドの浜辺に海賊船が出現し、一人の美しい乙女を連れ去った。乙女の婚約者である"大鴉一族"の若者ホールブライズは海賊船を追って探索の旅に出る。行く手にあらわれた謎の大男にさそわれ、陰謀渦巻く海賊たちの島へ。さらに、"不死の王"の支配する"輝く平原"の国へ。永遠の若さと幸福を約束するというその国で、ホールブライズが出会ったものとは?モリスが生涯のテーマとして追求した「地上の楽園」をめぐる愛と冒険の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 工芸、芸術を生活に取り入れた人、モリス。てっきりうっかり壁紙関係の何かと思って見つけてそのまま読み始めたら、なんとサーガでした。しかも面白い。ご本人はアイスランドサガがお好きだったよう。他の作品も読んでみたいです。

  • 竹森先生の授業の課題の為に借りました。
    作者のウィリアム・モリスは、詩人として有名だった様で、この物語の文章も詩のように言葉づかいが素敵です。
    http://www.lib.miyakyo-u.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=81851

  • 詩人でありデザイナーであり社会主義者であり、なおかつそれぞれ
    の分野で大きな活躍をしたウィリアム・モリスは現代ファンタジー
    の創始者でもある。モリス自身が再刊した唯一の書ということで
    思い入れも深いのだろう。著者の代表作として読んでみた。

    さすがに古い感じは否めないし、現代から見ると全体的に淡々と
    している感じが強い。キャラクターの動向を追うだけで、内面の
    葛藤などには深く踏み込まない文体は、「引っかかる部分」を
    読者自身が見つけなければいけないこともあって相手を選ぶ本
    なのかも知れない。

    だが、ここに描かれた不死の国とそこで生きることを選択するか
    どうかという問題はファンタジーのみならず人間にとっても大きな
    テーマなのではないだろうか。できるならばすべての人が、共に
    老いることを選びたくなる、そういう配偶者に出会えますように。

  • [ 内容 ]
    春まだ浅いある日、平和な日々をおくるクリーヴランドの浜辺に海賊船が出現し、一人の美しい乙女を連れ去った。
    乙女の婚約者である“大鴉一族”の若者ホールブライズは海賊船を追って探索の旅に出る。
    行く手にあらわれた謎の大男にさそわれ、陰謀渦巻く海賊たちの島へ。
    さらに、“不死の王”の支配する“輝く平原”の国へ。
    永遠の若さと幸福を約束するというその国で、ホールブライズが出会ったものとは?モリスが生涯のテーマとして追求した「地上の楽園」をめぐる愛と冒険の物語。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

William Morris(ウィリアム・モリス)1834年~1896年

詩人、工芸職人、デザイナー、社会主義者、環境問題活動家、小説家、出版者として、19世紀の英国社会に多大な影響を与えた。その影響は、没後120年以上経っても衰えず、むしろ重要性が高まっている。デザイナーとしての側面だけでなく、人生の後半に、不平等な社会の変革や環境保護のために献身したことが、とくに最近注目されている。

「2019年 『素朴で平等な社会のために』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ウィリアム・モリスの作品

ツイートする
×