戦争が終り、世界の終りが始まった

制作 : 飯田 隆昭 
  • 晶文社
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794922632

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新訳が出るらしいので、その前に再読。
    1975年の「人気SF作家の幻の小説」が「待望の邦訳」されたのが1985年、私が持っているのは1992年で7刷めのもの。それが2017年に又新刊で読めるのかぁ~(^▽^)

  • ディック唯一の純文学小説いうことで、SFファンからは敬遠されているようだけれど(自分もそのクチだった)、主人公が出入りするUFO教団(笑)の教え、そしてその教えが間違いであることに気づき、それでもその「心外な事実を乗り越えて生きて行く」(ポール・ウィリアムズによる解題に引用されているディックの言葉)という結末など、「ヴァリス」や「ティモシーアーチャーの転生」に繋がっているように思った。自伝的要素が強いというところも含めて、後期の傑作と繋がる大事な作品。

全2件中 1 - 2件を表示

戦争が終り、世界の終りが始まったのその他の作品

戦争が終り、世界の終りが始まったの詳細を見る 単行本 戦争が終り、世界の終りが始まった フィリップ・K・ディック

フィリップ・K・ディックの作品

ツイートする