ぼくのニューヨーク案内 (植草甚一スクラップ・ブック)

著者 :
  • 晶文社
3.55
  • (3)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 38
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794925930

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第33巻 / 全40巻+別巻1

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]
    1 ニューヨークは恋人(アメリカの便所にまた入りたい;「いいなあ」「面白いなあ」と独りごとばかり言っている;東京へ帰ってニューヨークを思い出してみた ほか)
    2 ニューヨーク知ったかぶり(オフ・オフ・ブロードウェイ知ったかぶり;ゲルバーの「アップル」は天晴れなもんさ;オフ・オフ・ブロードウェイの若い劇作家レナード・メルフィには感心した ほか)3 ニューヨークは不思議な都会(ニューヨークは不思議な都会;こんなコール・ガールがニューヨークにいた;ニューヨークでも郵便が遅れてるよ ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ニューヨークはぼくの恋人。「雑書」狩りをし、散歩をし、東京ではできない遊びをする…。カメラ片手に散歩するJ・J氏と一緒にNYを歩こう! J・J氏自らが撮影した写真も収録。78年刊の新装版。
    (「MARC」データベースより)

    資料番号:010820124
    請求記号:915.6/ウ
    形態:図書

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1908年、東京生まれ。文学、ジャズ、映画評論家。『ミステリの原稿は夜中に徹夜で書こう』で日本推理作家協会賞受賞。おもな著作に『ぼくは散歩と雑学がすき』『ワンダー植草・甚一ランド』など。1979年没。

「2015年 『ひんやりと、甘味 おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ぼくのニューヨーク案内 (植草甚一スクラップ・ブック)のその他の作品

植草甚一の作品

ぼくのニューヨーク案内 (植草甚一スクラップ・ブック)に関連するまとめ

ツイートする