文字の力

著者 :
  • 晶文社
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794948519

作品紹介・あらすじ

文字を描く。文字にひそむ力をさぐり、かたちを与える。定規とペン、糊とカッターにかわる一台のコンピュータ。編集とデザインの関係を一挙に変える、新しい本づくりの手法へのひそかな企て。おびただしい描き文字装丁のうちから選りすぐった54点に、未発表「架空装丁」12点をくわえた珠玉の作品集。のびやかにして華麗、愉快にして大胆な、甲賀流「踊る描き文字」の極意をこの一冊に。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 沢木耕太郎「深夜特急」の題字でおなじみの平野甲賀さんの作品が一挙に集結!ページから飛び出す勢い。栞の「甲賀流コンピューターとのつきあいかた」も必読。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1938 年京城・現ソウル生まれ。装丁家、グラフィックデザイナー。
武蔵野美術学校デザイン科卒業後、高島屋宣伝部を経てフリーとなる。
1964 年から 1990 年にかけて晶 文 社のほぼ 全ての本の装 丁を手がける。
1973 年創刊 「ワンダーランド」ではアートディレクターをつとめる。
1984 年に 「講談社出版文化賞」ブックデザイン賞を受賞 (木下順二著『本郷』装丁)。また、これら本や雑誌の仕事と並行し、演劇集団「黒テント」の活動に長く携わる。78 年からは「水牛通信」「水牛楽団」に参加するなど 〝移動〟 劇団楽団と縁深い。
国内外での展示多数。
2014 年に小豆島へ移住。現在高松市在住。

「2020年 『平野甲賀と』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平野甲賀の作品

ツイートする
×