禁じられた歌―ビクトル・ハラはなぜ死んだか

著者 :
  • 晶文社
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794950819

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ピノチェトのクーデタで殺された歌手、ビクトル・ハラについて周辺の人々への聞き取りを丹念にまとめた本。
    チリに行ったときに何気なく空港の土産物屋で買った「LA NUEVA CANCION CHILENA(チリの新しい歌)」というアンソロジーCDがある。ビクトル・ハラの歌が入ってるというだけで手に取ったのだが、本書がビクトル周辺の人間模様を丹念に教えてくれたおかげで、ビオレータ・パラ、アンヘル・パラ、キラパジュンといったCDに入った他の歌い手たちのことも知ることができた。

  •  これはいい本だ。私がビクトル・ハラを知ったのは、つい最近のこと。友人から教えてもらった。そこで色々と調べている内に、この本に辿り着いたってわけ。

     <a href="http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20080121/p1" target="_blank">http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20080121/p1</a>

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1962年大阪府生まれ。作家、音楽家。著書に『禁じられた歌 ビクトル・ハラはなぜ死んだか』(晶文社)、『ラテンに学ぶ幸せな生き方』(講談社)など多数。

「2012年 『ハシズム!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

禁じられた歌―ビクトル・ハラはなぜ死んだかのその他の作品

八木啓代の作品

禁じられた歌―ビクトル・ハラはなぜ死んだかを本棚に登録しているひと

ツイートする