「秋葉原」感覚で住宅を考える

著者 :
  • 晶文社
3.50
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794958303

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本の住宅価格のおかしさを建築家が説いた本。
    電化製品買うときはちゃんと調べるくせにねが1984年の本書。
    それから今も全く変わらない不思議さ。
    買い手も売り手も作り手も。

  • 生産体系の見直し、独自物流の確保、施工技術の開放、職人意識の煽動、低コスト化、ブリコラージュへのまなざし、などこれでもかというほど既に開拓してくれている。論理も物質も完璧なんだけど何故現在彼の功績が全く流布していないのか。素朴な疑問。

全3件中 1 - 3件を表示

「秋葉原」感覚で住宅を考えるのその他の作品

石山修武の作品

ツイートする