読書休日

著者 :
  • 晶文社
3.50
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794961594

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 長野まゆみ と間違えて読んだ。途中まで気が付かなかった。離婚など辛い経験を経て、考えるだけではなく、実際に書いたり本を作ったりといった、とても行動力のある著者で、それは凄いと思うのだけど、読んでいて何となく、東京で生まれ育った人特有の、ある種の、矜持?おごり?のようなものが節々に感じられ、どうもそれが気になってしまった……。

  • 8年ぶりに再読。(やっぱり)森さんらしい、気骨ある文章。
    幸田露伴や樋口一葉が自分の生まれ育った場所、「自分」にちゃんとつながっている。そうそう、この本を読んで、メイ・サートンが読みたくなったんだった。目上の作者に恐縮だが、この「素直な」文章が好きだ。
    今回目についたのは「メディア・レッスン」。森さんのおかげかな、私の書評好きは。この人の目指す「読みたくなるような」書評にすっかり私もはまった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

森まゆみ
1954年東京生まれ。作家。早稲田大学政治経済学部卒業。1984年に友人らと東京で地域雑誌『谷中・根津・千駄木』を創刊、2009年の終刊まで編集人を務めた。歴史的建造物の保存活動にも取り組み、日本建築学会文化賞、サントリー地域文化賞を受賞。著書は『鴎外の坂』(芸術選奨文部大臣新人賞)、『「即興詩人」のイタリア』(JTB紀行文学大賞)、『「青鞜」の冒険』(紫式部文学賞)など多数。「わたしの旅ブックスシリーズ」(産業編集センター)として『用事のない旅』『会いにゆく旅』『本とあるく旅』がある。

「2021年 『海恋紀行』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森まゆみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×