本はどのように消えてゆくのか

著者 :
  • 晶文社
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794962447

作品紹介・あらすじ

活字本と電子本の大共存時代が始まった。宮武外骨からDTP、OCR、WWWまで「本」の再定義をこころみる最新エッセイ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  対話的とか双方向的というためには、まずだれかがハッキリものをいわなくてはならない。そして、それを気持ちよく読めるようにしておかねばならない。デジタル文化であろうとなかろうと、基本はやはりそこにある。電子本はそのための実験と訓練の場なのだと思う。「電子本をバカにするなかれ」といいたい。(p.42)

     たしかに、だれでも書くことができるデジタル・ネットワークの世界では、作家も官僚も先生も、そうじて書くことのプロー文書をつくり、それを効果的に利用することの専門家が、これまでどうりのふるまい方をつづけるのはむずかしいかもしれない。
     その生きにくさを専門家がすすんで経験し、他方、非専門家の側もそのことによって、たんに受け身ではない自分のあり方を発見してゆく。そこから統制ではなく対話にもとづく新しい社会秩序が生まれてくるかもしれない。(p.70)

     敗戦後、日本人の朝食がご飯と味噌汁からパンとコーヒーにあっさり置き換えられてしまったみたいなもので、どんなに中身がちがおうと、ご飯もパンもおいしく食べられる食品であることに変わりはない。しかし、食事という習慣を捨てて、それを宇宙食みたいな薬品(だろう、あれば)の摂取に変えるとなれば、話はちがってくる。同様に、活字本から電子本への転換は、一つの印刷技術から別の印刷技術への転換ではない。それは印刷から印刷でないものへの転換なのだ。技術や素材ではなく概念そのものの転換である。この転換過程がそうそう簡単に完了しないであろうことは容易に推測がつく。(p.94)

    「印刷という複製技術が存在しない世界で読書というような行為がなりたちうるのだろうか」という問いは、「私たちは仮想現実のうちにあっても、はたしてなんらかの安定した生活習慣をつくりあげることができるのだろうか」という、さらに大きなもう一つの問いにつながってゆく。もしそこで安定した生活習慣をつくることに失敗すれば、私たちはもう、これまでどおりの意味での人間でありつづけることはできない。すなわち、人間はお化けになる。(pp.95-96)

  • 発掘したので遡って登録。以下,読了当時(2008/08/18)の感想: 10年ほど前の本。意外と原稿用紙はまだ市販されてる。紙媒体がなくなるには、まだまだとてつもない時間がかかるんじゃなかろうか。

  • 本書の最後近くで、自らのホームページを作りながらふと津野は漏らす。「電子テキストは絶えず動いている。活字の役目が定着にあるとすれば、非定着が電子テキストの常態である。自分のホームページを作ることで、その非定着の感じに身をゆだねてみたい。」

    ・・・本書の発行は1996年。ブロードバンドやツイッターといった「電子テキストの流動性」を加速するためのインフラやツールがまだ生まれていない時代。OCRやDTP技術、グーテンベルグ計画などを紹介しつつ、津野は「印刷されない本(電子本)もまた本でありうるのか」という問いを投げかける。
    別の箇所では、津野は電子書籍デバイスの満たすべき操作性や技術的条件についてかなり的確な指摘を行っており、それらが実現しつつある現在から振り返ると、津野の鋭さには感服させられる。

    しかし冒頭で紹介した津野の呟きこそ、今振り返れば津野自身の問いに対する別の角度からの回答、つまり「活字」の固定性に対する「電子テキスト」の非定着性の可能性と魅惑に対する告白になっているような気がする。

    そして、現在の出版不況とは、ネット環境と文化が進歩した結果の、ネットという「非定着テキスト群」に対する「活字」の圧倒的敗北という要素も強いのではないか。
    ・・・最近読み直し、そんなことを考えさせられた。

  • 本よ、永遠なれ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1938年生まれ。編集者、演出家、評論家。1962年~1998年編集者として晶文社に勤務。「季刊 本とコンピュータ」に編集長として携わる。和光大学教授。和光大学図書館長。『滑稽な巨人』で新田次郎文学賞受賞。『ジェームス・ロビンスが死んだ』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。現在、和光大学名誉教授。フリーライター、NPO法人共同保存図書館・多摩顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

「2011年 『図書館の電子化と無料原則(多摩DEPO⑥)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

津野海太郎の作品

本はどのように消えてゆくのかを本棚に登録しているひと

ツイートする
×