橋浦泰雄伝―柳田学の大いなる伴走者

著者 :
  • 晶文社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794964304

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今ではほとんど知名度がない?橋浦泰雄の伝記です。橋浦は、大正から昭和50年くらいの時代に、画家、コミュニスト、民俗学者、生活協同組合の活動家、と多面的な活動を柔軟な姿勢で行っていた人物です。特に、柳田国男のもとで民俗学の発展に貢献した業績は評価されます。
    というような一般的紹介もさることながら、同時代の実に多様な人々との交流の事実が面白く読ませてくれます。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程修了、日本学術振興会海外特別研究員(ニューヨーク大学)。専攻は歴史社会学、ロシア・東欧ユダヤ史、パレスチナ問題。著作に『ロシア・シオニズムの想像力――ユダヤ人・帝国・パレスチナ』(東京大学出版会、2012年)、「ダニエル・パスマニク――白系ロシアのシオニスト、あるいは二重ナショナリスト」『思想』(2013年、第10号)など。

「2014年 『ヘイトスピーチ 表現の自由はどこまで認められるか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鶴見太郎の作品

橋浦泰雄伝―柳田学の大いなる伴走者を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする