文化としてのIT革命

制作 : 山崎 正和  西垣 通 
  • 晶文社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794964625

作品紹介・あらすじ

パソコンや携帯電話といったデジタル機器の著しい進歩、インターネットの普及などにより、IT革命が進んでいる。かつての産業革命に匹敵するともいわれているが、はたしてIT革命とはどんな革命なのか。それによって何が生まれ、人間の感性や価値観はどのように変わっていくのか。新しいコミュニケーション・スタイルの誕生。芸術活動の可能性。著作権制度の問題。軍事や学問、宗教などのあり方の変容。市民間の国際交流。さらにはネットワーク犯罪や社会問題の恐れ…。さまざまな分野の専門家が、文化の視点でIT革命を具体的に考え、デジタル社会の未来を模索した、刺激にあふれた一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 湾岸戦争の時の米軍は、まだ冷戦期の重厚長大な火力、破壊力、機動力を基本とする部隊であったが、95年のボスニアヘルツェゴビナの平和維持部隊派遣のころから情報を活用する部隊編成と運用を具体化し始めた。米軍にとっての弱点とは何か?それはそのRMAによって立つ情報に他ならない。もし敵の情報がとれず、あるいは偽情報が送り込まれて、方法をとってもそれを伝達する通信寿司手無や情報を解析するためのデータベースなどが破壊ないし混乱させられるなら、米軍の戦闘能力は瓦解してしまうだろう。

全1件中 1 - 1件を表示

岡田朋之の作品

文化としてのIT革命を本棚に登録しているひと

ツイートする