チェルノブイリいのちの記録

著者 :
  • 晶文社
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794965035

作品紹介・あらすじ

チェルノブイリ原発事故が近隣国ベラルーシの子どもたちにもたらした甲状腺ガンという大きな悲劇。菅谷昭医師は放射能に汚染された被災地で5年半にわたり医療支援をつづけた。高汚染地にある病院での手術。現地若手医師の育成。集団検診。家庭訪問。また、食料事情や治安問題。厳しい気候。楽しくもつらいロシア式宴会。さらには、子ども民族舞踊団との交流まで…。現地へ発つ日より帰国までの活動をつぶさに記録した「チェルノブイリの真実」。自分のため、社会のために考え、実践したひとりの日本人医師の「いのちの日記」。

著者プロフィール

長野県松本市長 医師

「2013年 『脱原発のための平和学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菅谷昭の作品

ツイートする
×