不安定だから強い?武術家・甲野善紀の世界

著者 :
  • 晶文社
3.44
  • (2)
  • (5)
  • (8)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 33
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794965608

作品紹介・あらすじ

巨人軍の桑田投手をはじめ、様々な分野からの注目を集める武術家・甲野善紀。人はふつう、関節を支点にして、「テコの原理」で身体を動かす。甲野師範は筋力によらない、「不安定」な身のこなしで、現役の関取すらもスルリとかわす。近代以前の人々は、甲野師範と同じような身体の動きをしていた。伝説としか思えない剣豪の逸話にもリアリティがあるという。このような身体観と、私たちが常識だと思っている身体観は、どのように違うのだろう。まったく異質の身体観から、どんな世界が拓けるのだろう。どんなヒントが得られるのだろう。そして、頭じゃなく、身体で考えるとは、どのようなことなのか。甲野師範のもとへ長年通った著者が、技の面白さと思想の核心を解き明かし、リハビリテーションへの応用など、広がりつつある活動を紹介する。混迷の時代を楽しく生き抜く、指南書ともなっている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 分類=武術・身体論。03年1月。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1962年、富山県生れ。富山大学文学専攻科修了。ライター。著書に『健康法と癒しの社会史』『不安定だから強い 武術家・甲野善紀の世界』『技アリの身体になる』他。

田中聡の作品

ツイートする