戦争と建築

著者 :
  • 晶文社
3.33
  • (1)
  • (5)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794965806

作品紹介・あらすじ

9・11、アフガン空爆、イラク戦争…。大都市を襲うテロと戦争の中で、建築は今後どう変わるのか?ルネサンスの要塞都市から、NYグランド・ゼロの開発、最新防犯事情に朝鮮半島の非武装地帯の現状まで。歴史を横断しつつ、破壊と再生、防御をキーワードに、戦争と建築の関係を見つめ直す野心的な試み。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あさドラの影響で読み始めた。
    前半は技術に関すること。竹筋コンクリートはホットな話題であった。後半は建築家の話が絡んできた付いていけなくなりました。
    3段階の戦争
    1.守り(如何にして外敵から守るか)
    2.攻め(如何にして外敵を攻めるか)
    3.情報(如何にして外敵の情報を得るか)
    それぞれの観点から建築というフィルターを通して語られている。

  • この本に書かれているのは、建築という視点からみた戦争であり、戦争という視点からみた建築であり、戦争と建築をからめた社会でもある。
    視野が広いなあ。

    私は美術にうといから題材のけっこうな部分がわからないけれど、それでも面白い。
    参考文献をみんな読みたくなる。
    多分この人のとりあげかたが面白いんだと思うけれど。

    9.11の衝撃も新たな2003年の作。
    いまだに世界はきなくさい。

  • 外側(戦争)に呼応して内側(建築)ができる。もう一回読みたい。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

五十嵐太郎(いがらし・たろう)
1967年、フランス・パリ生まれ。建築史家、建築評論家。東京大学工学系大学院建築学専攻修士課程修了。博士(工学)。東北大学大学院工学研究科教授。『ル・コルビュジエがめざしたもの』(青土社)、『日本の建築家はなぜ世界で愛されるのか』(PHP新書)、『日本建築入門――近代と伝統』(ちくま新書)、『新編 新宗教と巨大建築』(ちくま学芸文庫)、『現代建築に関する16章』(講談社現代新書)など著書多数。

「2018年 『白井晟一の原爆堂 四つの対話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五十嵐太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東京大学工学部建...
村上 春樹
ル・コルビュジェ
磯崎 新
五十嵐 太郎
隈 研吾
安藤 忠雄
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする