世界の映画ロケ地大事典

制作 : Tony Reeves  斎藤 敦子 
  • 晶文社
3.80
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (845ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794966285

作品紹介・あらすじ

『イントレランス』から『ハリポタ』まで、1600本以上を網羅!9年の歳月をかけて取材した、ロケ地事典の決定版。ビデオ・DVD発売元情報、撮影地から映画検索できる索引つき。これで映画が1000倍楽しくなる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 以前紹介したトニーリーブスのロンドンの映画ロケ地ガイドの世界版。まさしく事典です。最近よくおじゃましている<u><a href="http://blog.livedoor.jp/filming_locations/" target="_blank">映画で世界を旅するブログ</a></u>さんを見ているうちに、かなり欲しくなってアマゾンで購入。映画の趣味のない人が買うには高いです。でも情報量は値段以上。すごいです。名作から最近の作品まで網羅されていて、かなり楽しめます。昔から事典を”読む”のは好きな方なので、ふとした時にふむふむと読んでニコニコしています。もちろんまだ読み終わっていませんが、旅行する前に読んでからでかけよう!と思っているところ。事典としてはあいうえお順に映画名で項目が並び、地域別の索引が付いていますから、たとえばオーストリアに行くぞ!というときにはなるほどウィーンで第三の男、とかザルツブルグでサウンドオブミュージックってな感じで、チェックできます。著者のトニーリーブスがイギリス人なので、やはりイギリス映画が多いのと、よく知っているせいなのか、ロンドンがせまいせいなのか前に紹介したロンドン版の方が旅行ガイドとして面白いきがします。アジア映画はほとんどはいっていないのですがヨーロッパ、ハリウッド映画のお好きな方は是非。

    こういう短い文が続くようなものって、ついトイレで読んじゃうんだよなあ。最近すっかりトイレ本になっております(失礼)。

  • 古今東西の映画のロケ地を膨大な資料で一冊の本にした力作。
    是非手元に一冊の名著です

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする