緑の島スリランカのアーユルヴェーダ

著者 :
  • 晶文社
3.69
  • (6)
  • (8)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794966872

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんとなくアーユルヴェーダに興味を持ったが、どの本も専門用語ばかりでいまいちわかり辛い。そんな中、この本はアーユルヴェーダ初心者の著者の体験を通して一緒に学んでいくことができる。入門に非常に良い。

  • 大地に根を下ろし、少しの火と水、そして吹く風と共に生きる素晴らしさ。
    日本人も昔はそうやって、生きていたはず。
    どこに、忘れてきたんだろ。

  • スリランカにあるアーユルヴェーダの治療が受けられるホテルについて書かれた本。
    この本を読んで、バーベリンを知り、バーベリンに行きました。

  • アーユルヴェーダとはどうゆうふうに生活に溶け込んでいるのか、どういった考えのもの成り立っているのか。
    アーユルヴェーダの形が見える本です。
    やり方や方法が書いていないので、自分に使えませんが、アーユルヴェーダとはなんぞ?からの人には大変わかりやすいです。

  • ほしい

  • このホテルに行ってみたくなった!

  • この本は、読んだかもしれない。

  • スリランカに行く前に調べてるとアーユルヴェーダ、スリランカでヒットした人の本。
    アーユルヴェーダを調べるためにあらとあらゆるつてでいろんなアーユルヴェーダ医師や大臣までインタビューしているその体験記が生の話満載でおもしろい。

  • 最近私がハマっているアーユルヴェーダ。本場スリランカで受けてきたというライターさんの目から見た、スリランカのアーユルヴェーダ文化が紹介されており。読みながら、まるでその場に旅行に行ったかのように うっとりとスリランカの光景が浮かんできます。読むだけで日常を離れた癒しの効果があるのかもしれません。

  • アーユルヴェーダに興味があったのでとても参考になったし面白かった。シロダーラだけがアーユルヴェーダだと思ってる日本人が多くいると思うのだけど、本当はそうじゃない。リラクゼーションの為のものではないことが良く分りました。日本では、なんちゃってアーユルヴェーダしか受ける事が出来ないのですね。スリランカに行ってみたくなる一冊。

全15件中 1 - 10件を表示

岩瀬幸代の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
小池 龍之介
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする