遺品: あなたを失った代わりに

著者 :
制作 : 塩井浩平 
  • 晶文社
2.89
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 26
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794967688

作品紹介・あらすじ

愛する人は逝ってしまったけれど、心の中には「宝物」が遺っている…。エッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 家族が急死したあとも、ずっとずっと故人の面影を、心に持ち続けて生きていく、残された家族たち。

    あー、私だけじゃなかったんだ!と思えて救われました。

    私の母の場合は、心臓発作だったけど、本に出てきた方はほとんど、交通事故の方でした。
    自動車に乗るかた、自動車に乗る方は、どうか、気をつけてくださいね。

  • 突然の事故や事件で 愛する人を亡くした家族が
    遺品を 宝物としていつも大切にそばに置いている
    18のショートストーリー。
    息子が最後に手作りした生餃子を10年たった今も
    冷凍庫に大切にしまっている母親
    亡くなった息子が朝6時55分に設定した携帯電話のアラーム音を
    10年たった今も毎朝 聞いている母親…
    胸が締め付けられる想いとともに
    あたりまえのことながら 決して加害者にならないように
    気を引き締めようと気持ちを新たにさせてくれた1冊でした。

  • 軽すぎ。遺族ひとりひとりのどん底の悲しみは、こんなに数ページで語り尽くせるものではない。違和感を感じた。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1963年、京都市生まれ。ノンフィクション作家。交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演、テレビ、ラジオ出演等を行う。『週刊朝日』に連載した告発ルポがきっかけで、自賠責制度の大改定につながった。児童向けノンフィクション書籍は『柴犬マイちゃんへの手紙 無謀運転でふたりの男の子を失った家族と愛犬の物語』(講談社)につづく2冊目。主な著書に、『自動車保険の落とし穴』(朝日新聞出版)、『交通事故被害者は二度泣かされる』(リベルタ出版)、『家族のもとへ、あなたを帰す ~東日本大震災犠牲者約1万9000名、歯科医師たちの身元究明』(WAVE出版)、『遺品 あなたを失った代わりに』(晶文社)。なお、『示談交渉人 裏ファイル』(共著、角川文庫)はTBSでドラマシリーズ化、『巻子の言霊~愛と命を紡いだある夫婦の物語』(講談社)はNHKでドラマ化され、アメリカ国際ビデオフィルム祭・ドキュメンタリー部門で3位に入賞。

「2014年 『泥だらけのカルテ 家族のもとに遺体を帰しつづける歯科医が見たものは?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳原三佳の作品

ツイートする