本があって猫がいる

著者 :
  • 晶文社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794968562

作品紹介・あらすじ

街から本の姿が減っていく。電車に乗ればスマホでゲーム。余暇の楽しみはいくらでもある。そんなちょっぴりさみしい現代に効くひと匙のスパイス。懐かしい本やことば、思い出の人や食、そして愛猫・愛犬との暮らし……いまでは稀少となった感のある「昔気質の物知りおじさん」にして「生活巧者」の出久根さんが綴る滋味あふれるエッセイ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 楽しく読ませてもらいました。

  • かみさんと暮らす日常に、師であり糧であり友である本があって、気を揉ませるも家族の一員たる猫がいる。変哲もないようで小さな発見がある今このとき、貧しかったけれど温もりのあった過ぎしあのとき。恵贈いただいた本の見返しには「何事もおてんと様のおぼし召し」の句と、署名に落款あり。「バルル」の「パ」とは、何か?今作では「パートナー」でいいんじゃないかな。

  • エッセイ集。
    愛猫、愛犬、本の話、楽しく読みました。

    表紙が猫と漱石の本で、
    裏表紙がレコード「僕はないちっち」
    飾っておきたいと思いました。

  • 津BF

  • 言うコト無し。。。

    晶文社のPR
    http://www.shobunsha.co.jp/?p=3338

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

出久根達郎(でくね・たつろう)
1944年、茨城県生まれ。作家。古書店主。中学卒業後、上京し古書店に勤め、73年より古書店「芳雅堂」(現在は閉店)を営むかたわら文筆活動を行う。92年『本のお口よごしですが』で講談社エッセイ賞、翌年『佃島ふたり書房』で直木賞、2015年『短篇集 半分コ』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。他に『古本綺譚』『作家の値段』『雑誌倶楽部』『春本を愉しむ』『本があって猫がいる』『隅っこの昭和』『幕末明治 異能の日本人』『桜奉行』『漱石センセと私』など多数。

出久根達郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする