口笛を吹きながら本を売る: 柴田信、最終授業

著者 :
  • 晶文社
3.79
  • (3)
  • (6)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 101
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794968777

作品紹介・あらすじ

85歳の今も岩波ブックセンターの代表として、神保町の顔として、日々本と向きあう柴田信さん。柴田さんの書店人生を辿ると、本屋と出版社が歩んできた道のり、本屋の未来を考える礎、これからの小商いの在りかたが見えてくる……。1965年4月、芳林堂書店に入社以来50年、書店の現場から〈本・人・街〉を見つめつづける名翁に、『「本屋」は死なない』の石橋毅史が3年にわたり密着した渾身書き下ろし。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本の本
    書店

  • 装丁がステキです。是非カバーをめくってみてください。

  • 「普通」とは何か・・・
    少し前の自分だったらまったく見向きもしなかった、「普通」であるということ。やり続ける、ということ。その力強さ。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:024.1361||I
    資料ID:95160016

    85歳の今も岩波ブックセンターの代表として、神保町の顔として、日々本と向きあう柴田信さん。柴田さんの書店人生を辿ると、本屋と出版社が歩んできた道のり、本屋の未来を考える礎、これからの小商いの在りかたが見えてきます。
    (生化学研究室 大塚正人先生推薦)

  • 普通が一番難しく、普通が一番力強い。ふとした時に何度でも読み返したくなりそうな良書。

  • どんなに忙しい時でも訪問者を謝絶しない。
    なんでも肉付けしないと届かない時代なのかな。

  • 神保町の信山社などで仕事をした柴田信の書店論。昭和の気概を感じさせる書店人。

  • 神保町の翁のこれまでこれから。
    飄々とした語り口ですいすい読める。面白い。
    ずーっと本屋をやってこられた方ならではの色んな考え方は、読んでいてとても愉しい。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

石橋毅史(いしばし・たけふみ)
フリーランスライター。1970年、東京生まれ。日本大学芸術学部卒業後、出版社勤務を経て98年に新文化通信社入社。出版業界紙「新文化」記者を務める。2005年、同紙編集長就任。09年12月退社。著書に『「本屋」は死なない』、『口笛を吹きながら本を売る-柴田信、最終授業』、『まっ直ぐに本を売る―ラディカルな出版「直取引」の方法』。注文出荷制出版社による共同DM「今月でた本・来月でる本」にて「本屋な日々」を連載中。
(2018年5月10日最終更新)

石橋毅史の作品

ツイートする