10日暮らし、特濃シンガポール

著者 :
  • 晶文社
3.78
  • (3)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794969798

作品紹介・あらすじ

高層ビルとクリーンなイメージのシンガポールだが、一歩ウラへ踏み入れると、そこは混沌とした活力に溢れている。マレー系、中華系、インド系、それぞれの文化は個性を保ちながらも混ざり合い、様々なローカルフード、アート、建築、雑貨などを生み出している。HDBと呼ばれる団地を覗き、ホーカーセンターで食い倒れ、華僑道教の奇祭「九皇帝祭」を追いかける。ガイドブックにはけっして載らないシンガポールの素顔を、暮らすように旅して綴る。シンガポールが退屈って言ったのは誰だ!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スーパーマーケットで買えるような雑貨マニアの森井ユカさんによる、年末年始の一人シンガポール暮らし。旅の準備から帰ってくるまでが旅です。森井ユカさんの好きなものが、とにかく私はまる。団地とか現地の人が好きな食べ物とか。たまにずーっとホテルにいるような旅行がいい。こういう旅行記また読みたいなー。

  • 海外旅行を1人で楽しめる人の話は面白い。

  • 立体造形家で雑貨コレクターの森井ユカのエッセイ。シンガポール旅行記。海外旅行に興味のない私でも現地を旅している感覚が味わえ楽しかった。全体的に広く浅くという感じの内容だったので、次作は狭く深くを期待!

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

立体造形家、雑貨コレクター。IKEAファン歴は20年以上。著書に「スーパーマーケットマニア」シリーズ、『おいしいご当地スーパーマーケット』『旅と雑貨とデザインと』『IKEAファンブック』など多数。

「2018年 『IKEAマニアック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

10日暮らし、特濃シンガポールのその他の作品

森井ユカの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
矢部 太郎
森 絵都
高野 秀行
辻村 深月
原田 マハ
森見 登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする