よかれと思ってやったのに 男たちの「失敗学」入門

著者 :
制作 : 死後くん 
  • 晶文社
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 77
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794970954

作品紹介・あらすじ

女は「わかる! 」、男は「マジで?」
「すれ違い」の背景がわかる、衝撃のレポート

恋バナ収集というちょっと変わった活動を行うユニット「桃山商事」の代表を務める著者が、これまで1200人以上の女性たちの失恋話や恋愛相談に耳を傾けるなかで気づいた、失望される男性に共通する傾向や問題点とは? 女性たちの生の声を聞いてみると、男女でこんなにも違う景色が見えているのか、ということが浮かび上がってくる。ジェンダー観のアップデートが求められる現代を生きる、すべての人たちに贈る、より良い関係を築くための「心の身だしなみ」読本。

===================
ここに書いてあること、オレに関係ねぇ〜もん、って男に会ってみたい。
その自己認識のなさもとっても「男らしい」ーっ!
上野千鶴子氏推薦!
===================

35億、総懺悔!?

◎食べたいものを聞いても「なんでもいい」という彼氏
◎タオルやTシャツの置き場所を覚えない夫
◎「ありがとう」と「ごめんなさい」を言わない上司
◎備品を元に戻さない職場の男性たち
◎3年で起業すると言ってずっと会社にいる男友達
◎体調が悪くなっても病院に行きたがらない父親 etc...

本書の内容に知人女性の99%が同意しています(著者調べ)

著者プロフィール

1980年東京都生まれ。ライター、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。
早稲田大学第一文学部卒業。
これまで1000人以上の悩み相談に耳を傾け、それをコラムやラジオで紹介している。
雑誌『精神看護』やウェブメディア「日経ウーマンオンライン」などで連載。
現在、早稲田大学の水谷八也教授とともに「見当識と素材を取り戻すための自主ゼミ」を毎月開催。
著書に『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)がある。

「2017年 『大学1年生の歩き方 : 先輩たちが教える転ばぬ先の12のステップ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

よかれと思ってやったのに 男たちの「失敗学」入門のその他の作品

清田隆之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする