親指が行方不明: 心も身体もままならないけど生きてます

著者 :
  • 晶文社
3.38
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 106
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794972996

作品紹介・あらすじ

【名越康文氏(精神科医)、推薦!】
我々の心と意識と身体は、
実は別々のタップを踏み続けている。
足が絡まり転びそうになりながらも、
我々は人生という舞台で踊り続けるのだ。

普段見落とされている、
この生きづらさの本質を、
著者は活き活きと暴き出す。
このことが納得できるだけで、
どれだけ多くの人生が
救われることだろうか。

 * * *

ぎこちない、まとまらない、よそよそしい。
この「こころ」と「からだ」をどう生きるか。
内側にある「もう一人の自分」との出会い方。

 * * *

いつの頃からか両手の親指が「行方不明」になりがちだ。
親指がつながっていない感じがあるため拳を握るのが難
しい。感覚的にはみ出たまま、いつも熱を帯びている。
動くときは引っかかる感じがする。ズレは親指に限らな
い。僕はいろいろと不具合を抱えている――この探求が
僕と同様に困りごとを抱えている人の生きやすさにつな
がればいいなと思っている。(本書より)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【DESIGN DIGEST】商品パッケージ『あの日のカクテル-モヒート-』、書籍カバー『親指が行方不明――心も身体もままならないけど生きてます/尹雄大』、配信ジャケット『hodgepodge/オレンジスパイニクラブ』|Brand-New!DESIGN DIGEST|デザインする|デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-
    https://www.mdn.co.jp/design/DESIGNDIGEST/2761

    ナミサトリ aka 砂漠(@namisatori) • Instagram写真と動画
    https://www.instagram.com/namisatori/

    親指が行方不明 | 晶文社
    https://www.shobunsha.co.jp/?p=6954

  • 心からの声、勝手に動く身体、痛みを伴う出来事の数々に読んでいてざわざわしてきたのですが、読み進めていくにつれて明かされていく「層」の存在に最後は深く納得しました。

    前半部分ではまったく想像し得なかった着地点で、心の震えを感じています。
    身体は多層的であること。
    自分の身体の層に宿る他者の存在に気づくこと。

    著者の他の本も読んでみたくなりました。

  • 善悪や評価を傍に置いて、それそのものと対話すること の話

    極めて私的な感覚であり言葉で、正直分からないのだけど、それはそれという感じ。

  • 感覚的なことをうまく言葉にされているなぁと思った。
    途中、難しくてわけわからなくなった。
    でも、体が必ずしも言うことを聞かない感じはすごくわかる。
    自分の体を支配しようとするんじゃなくて、うまくいかないことも認めて付き合っていくというのは、とても納得した。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1970年神戸市生まれ。インタビュアー&ライター。政財界人やアスリート、アーティストなど約1000人に取材し、その経験と様々な武術を稽古した 体験をもとに身体論を展開している。
主な著書に『さよなら、男社会』(亜紀書房)、『異聞風土記 1975-2017』『親指が行方不明』(以上、晶文社)、『モヤモヤの正体』(ミシマ社)、『脇道にそれる』(春秋社)など。

「2022年 『つながり過ぎないでいい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

尹雄大の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×