超激辛爆笑鼎談・「出版」に未来はあるか?―中央公論買収の裏側、三一書房ロックアウトの真相

  • 編書房 (1999年6月発売)
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784795237445

作品紹介・あらすじ

異端児三人が、中央公論社の身売り、三一書房ロックアウトの真相から、出版社・大手取次・書店・再販制等々の弊害につき徹底批判、その処方箋を語った全出版・マスコミ人、全ビジネスマン必読の書。

超激辛爆笑鼎談・「出版」に未来はあるか?―中央公論買収の裏側、三一書房ロックアウトの真相の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1999年6月10日、初版、並、カバスレ、帯付き。
    2014年7月17日、津BF。

  • 未来はだれにもある。松竹梅、マツタケより梅ちゃんが主役ということもあるから、人生はおもろい。

  • 面白すぎる。しかし、こういうのであんまり気分良くなり過ぎても危険なのだよなーとひとつ自分に言い聞かせる。でも、この面白さがわかる人、是非友達になってください。

全3件中 1 - 3件を表示

井家上隆幸の作品

超激辛爆笑鼎談・「出版」に未来はあるか?―中央公論買収の裏側、三一書房ロックアウトの真相はこんな本です

超激辛爆笑鼎談・「出版」に未来はあるか?―中央公論買収の裏側、三一書房ロックアウトの真相を本棚に登録しているひと

ツイートする