出版クラッシュ!?―書店・出版社・取次 崩壊か再生か 超激震鼎談・出版に未来はあるか?〈2〉

  • 編書房
3.38
  • (2)
  • (2)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784795237483

作品紹介・あらすじ

書店バブルのいきつくところ…。1999年から2000年にかけて凄まじい勢いで書店、出版社、取次が倒産に追い込まれている。いま出版業界でいったい何が進行しているのか。街の書店を復権させた、東京・千駄木「往来堂書店」の元店長・安藤哲也、出版社経営者であり、昨年「出版社と書店はいかにして消えていくか」で大ブレイクした小田光雄、そして出版界の仕掛け人・永江朗。三人のホットなホットな超激震鼎談。『超激辛爆笑鼎談・出版に未来はあるか?』続編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『超激辛爆笑鼎談・出版に未来はあるか?』続編。

  • 出版・取次の構造にメスを入れ、書店バブルが店の無個性化を助長していく。2000年前後の出版事情が伝わってくる鼎談。

  • 9年も昔の本だと、結構情勢が変わっていてここ数年が本当に激動の時代
    だったのだなぁということが実感できました。

  • 再読。小田光雄がひとりで書いたやつ読めばいいな。なんか悪口で盛り上がっている印象がある。

  • 分類=出版業界。00年8月。

  • おもろい。佐野眞一「本コロ」より読み物としてはつまらないけど、出版界への切り込み方はこっちのほうがすごいと思う。ってもう佐野眞一の本の中身忘れてきたけど。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1962年東京生まれ。明治大学卒業後、出版社、書店、IT企業など9回の転職を経て、06年パパの育児支援を行うNPO法人ファザーリングジャパン(FJ)を設立、代表に就任する。NPO法人タイガーマスク基金代表。厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進チーム顧問、内閣府・男女共同参画推進連携会議委員、子育て応援とうきょう会議実行委員、にっぽん子育て応援団団長なども務める。現在、FJの「イクボス」プロジェクトを中心に、企業・地方公共団体・一般向けのセミナーなどで全国を飛び回っている。

「2015年 『できるリーダーはなぜメールが短いのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安藤哲也の作品

ツイートする