笑う出産―やっぱり産むのはおもしろい

  • 情報センター出版局
3.51
  • (21)
  • (17)
  • (49)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 176
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784795815926

作品紹介・あらすじ

ひたすら眠いつわり、“秘密の花園”母親学級、15万円分の母乳・・・。いきなりの無計画懐妊から、引越し、入籍、出産、子育てまで、マジメな人には耐えられない、マンガと文章で綴る感動の爆笑妊婦日記。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者の第一子の妊娠、そしてその妊娠のきっかけとなった結婚にもさかのぼり、出産、育児についての記録。著者が妊娠や出産、育児のどこに楽しみを見出しているのか、何が面白いのかが書かれている。著者の体験を通して書かれているため、非常にリアリティ感がある。この本を読んでいた時は第一子妊娠中であり、これから起こる出産や育児に対して、そんな楽しみ方があるのか〜と不安の中に、楽しみを見つけた気がした。妊娠中に出会ってよかったなと思える本だった。

  • 妊娠9ヶ月で読みました。
    妊娠出産本はいろいろとあるけど、やっぱり明るくておもしろいものを読みたいなーと思ったので。

    まついさんみたく、気負いせずに楽に楽しい出産にしたいなとしみじみ!

    このエッセイが書かれたのが90年代前半なので今とは状況も違うけど、気のもちようは学べました。

  • 仕方ないんだけど、2016年の今読むと内容が古くてピンと来ない所がちらほら。個人的には「笑う」と言うよりもガサツな印象が強くてイマイチ。

  • 漫画なので読みやすいかと思ったら、一部だった。小さなコマに多くの情報が書かれているのでコナンを読んでいるような過労感がしました。参考にはなるけれど、全体的に読みにくかったです。

  • 妊娠・出産に対して肩の力が少し抜けました。
    気休めになります。

  • 在庫なし。

  • めちゃおもしろい。バカっぽい本って書いてあったけど、ためになる言葉がいっぱい。

  • 日本の産婦人科では祝い膳が出てくるんだ。。。
    いいないいなー!

  •  二人の子ども父ですが、読んでみると、知らないことがあります。

     やっぱり、出産って神秘だわ。

     それにしても、眠る暇もなく慌ただしく過ぎていく日々を、見事キャッチして文章化している筆者に拍手!!

     続編も出ているようですので、ぜひ読みたいです。

  • 2013.12.17

    あまりの肝っ玉っぷりにびっくりしたけれど、これくらい鷹揚に構えていても出産ってちゃんとできるんだなぁ。
    小さいことで悩んだりせず、笑って過ごす方がいいって、少し気が楽になる感じ。
    案ずるより産むが易し!
    (でも妊娠糖尿病で苦労もされたみたい)

    「いざというときは、頭の中の知識を検索するより、からだまかせにしておいたほうが、心地良くてまちがいない。
    からだまかせ。

    どうしよう、どうしよう、どうしようの嵐。
    だいじょうぶ、だいじょうぶ、みんなからだが知っているから。」
    (本文より)

    せっかくのマタニティライフ、楽しまなきゃ〜。

全40件中 1 - 10件を表示

まついなつきの作品

ツイートする